2017年11月6日月曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

ヘネシー「ヴェノムF5」を初披露!1600馬力で最高速度は484km/h、世界最速を狙う新型ハイパーカーが登場へ。

ヘネシー・ヴェノムF5
ヘネシーから新型ハイパーカー「ヴェノムF5」がついに登場!(画像:プレスイメージより)

世界最速を狙うヘネシーの新型ハイパーカー「ヴェノムF5」が登場!


ヘネシーといえば、世界トップクラスの性能を誇るスーパーカー「ヴェノムGT」を生産していた米国のチューニングメーカーとして知られており、2017年1月に生産終了がアナウンスされた「ヴェノムGT」に続く次世代モデルとして登場が注目されていた新型車「ヴェノムF5」が予告されていましたが、米国・ラスベガスで開催の「SEMAショー」にてついにその姿が初披露されました。

ヘネシー・ヴェノムF5」は、7.4リットルV8エンジンを搭載し、最高出力1600馬力、パフォーマンスも世界トップレベルであると公表されており、限定で24台のみが生産予定、基本価格は160万ドル、日本円にして約1億8250万円という、「ヴェノムGT」を上回る超高級高性能ハイパーカーとなっているようです。


1600馬力で最高速度は484km/h!?驚異的に性能を持つ「ヘネシー・ヴェノムF5」

ヘネシー・ヴェノムF5
「ヴェノムF5」は世界最速クラスを狙う1600馬力の高性能モデルに。(画像:プレスイメージより)

ヘネシー・パフォーマンスの発表によると、今回初披露された新型モデル「ヴェノムF5」は、1600HPを発揮するヘネシーツインターボV8エンジンを搭載し、0-300km/hまでの加速は10秒未満、0-400km/hまで加速し、そこから完全に停止するのに要する時間はわずか30秒未満、最高速度は484km/hと驚異的な数値を公表。また、「ヴェノムF5」の名称は、藤田スケールで推定風速が419km/hから512km/hという強力な竜巻の規模である「F5」から付けられているとのこと。

ヘネシー・ヴェノムF5
25年先でも比類ないパフォーマンスとデザインが意識されているようです。(画像:プレスイメージより)
ヘネシー・ヴェノムF5
先代の「ヴェノムGT」の時点でもギネス記録ものだったので、新型「ヴェノムF5」も期待できそうです。
(画像:プレスイメージより)

この辺りの数値はメーカーの公表値なので今後明らかになってくるものと思われますが、もしこの数値通りなら、「ブガッティ・シロン」や「ケーニグセグ・アゲーラRS」が打ち立てた0-400-0km/hの世界記録をさらに上回ることになり、実際に同社では先代の「ヴェノムGT」の時点でも、2013年に0-300km/h加速で13.63秒を記録しギネス記録に認定されていることもあるので、今回発表された新型の「ヴェノムF5」も、確実に世界で最も速いロードカーの座を狙っているものと思われます。

ヘネシー・ヴェノムF5
現時点で24台が製造される予定で、基本価格は日本円にして1億8250万円という超高級限定車に。
(画像:プレスイメージより)

・ヘネシー・ヴェノムF5のプロモーション映像。


同社によると、「ヘネシー・ヴェノムF5」は、限定24台が製造される予定で、基本価格は160万ドル、日本円にして約1億8250万円と公表されており、先代の「ヴェノムGT」よりも希少で高額で高性能なモデルとなっているようで、今後、「ヴェノムGT」に代わり「ヴェノムF5」が、速度や加速などの自動車に関する様々なランキングにも入ってくることが予想されます。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。

2018年5月14日:諸事情により2018年の4月末より一時休止していた記事の新規投稿を5月14日より再開いたしました。



「Idea Web Tools」は2018年7月に運営開始から5周年を迎えました。
運営開始から2018年7月までの累計PV数は約1548万回、アクセスユーザー数は約612万5000人。多くの方々に当サイトのコンテンツを閲覧いただき感謝しております。