2018年4月6日金曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

モルフォ蝶の羽から着想を得た新開発カラー「ストラクチュラルブルー」を採用した「レクサスLC」の特別モデルが登場!

レクサスLC Structural Blue(ストラクチュラルブルー)
レクサス国内累計販売台数50万台突破記念の「LC」の特別仕様車「ストラクチュラルブルー」
(画像:プレスイメージより)

レクサスLCの特別仕様車「ストラクチュラルブルー」が登場。


レクサスは、2018年3月末の時点で、日本国内の累計販売台数が50万台を達成したことを記念し、これを記念して同ブランドのフラッグシップクーペ「LC」をベースに、モルフォ蝶の羽から着想を得た外板色を採用するなどした特別仕様車「Structural Blue(ストラクチュラルブルー)」を発表しました。


モルフォ蝶の羽から着想を得た新開発のカラー「ストラクチュラルブルー」を採用。

レクサスLC Structural Blue(ストラクチュラルブルー)
構想から15年、ついに製品化された新開発カラー「ストラクチュラルブルー」

レクサスの発表によると、特別仕様車「Structural Blue(ストラクチュラルブルー)」は、フラッグシップクーペ「LC」の「LC500h/LC500 “L package”」をベースに、自然界に存在する美しい色からインスピレーションを受け、独自技術により開発した外板色ストラクチュラルブルーと、2種類の内装色を設定。ラグジュアリークーペとしての魅力的なデザインを一層引き立たせ、奥深い世界観を表現したモデルとなっているとのこと。

レクサスLC Structural Blue(ストラクチュラルブルー)
モルフォ蝶の羽から着想を得た「構造発色」原理を応用したレクサス独自のカラーに。

このモデルのエクステリアカラーのストラクチュラルブルーは、南米に生息するモルフォ蝶の羽から着想を得た「構造発色」という原理を応用したレクサス独自のボディカラーとなっており、こちらのカラーは、モルフォ蝶の羽が本来は無色でありながら、光を受けると特定の波長だけが反射・強調される構造になっているため、人間の目には青く輝いて見えるというユニークな原理を再現して生み出されたという自動車用の構造発色性顔料で、開発期間はなんと15年!光の反射により、圧倒的な鮮やかさと強い輝き、深みのある陰影を実現し、ボディの抑揚を美しく際立たせることが出来るとのことです。

レクサスLC Structural Blue(ストラクチュラルブルー)
レクサスLC Structural Blue(ストラクチュラルブルー)
レクサスLC Structural Blue(ストラクチュラルブルー)

自然界に現れる幻想的な風景がモチーフのインテリアカラー。

また、インテリアカラーでは、日の出や日の入りのわずかな時間に現れる幻想的な空の風景をモチーフにしたという特別仕様車専用の「ブルーモーメント」と、「ブリージーブルー」の2種類が設定されていて、「ブルーモーメント」は雲のない快晴の夜明け前や、夜の闇に包まれる寸前に空が青く輝く現象をイメージし、「ブリージーブルー」は、太陽が顔を見せ始める早朝や、太陽が隠れた夕暮れのわずか数分に現れるブルーとオレンジのグラデーションがイメージされているようです。

レクサスLC Structural Blue(ストラクチュラルブルー)
レクサスLCの特別仕様車専用のインテリア「ブルーモーメント」
レクサスLC Structural Blue(ストラクチュラルブルー)
レクサスLCの特別仕様車専用のインテリア「ブリージーブルー」
レクサスLC Structural Blue(ストラクチュラルブルー)
CFRP製の特別仕様車専用スカッフプレートも装備。

今回発表されたレクサス・LC」の特別モデル「ストラクチュラルブルー」は、「LC500h」と「LC500」に設定されており、希望小売価格は「LC500h」が1525万円、「LC500」が1475万円(それぞれ税込)となっています。

特別なカラー「ストラクチュラルブルー」はこのようにして完成する!

ちなみに、こちらの動画では、外板色の「ストラクチュラルブルー」の仕組みや、出来上がるまでの工程などが紹介されていますが、「色のない素材が層を重ねることで、究極の色を放つ」などの説明だけでも、実車が一体どんな色になっているのかが気になります。


よく、写真で見るのと、実際に車を見るのとでは色の印象が違うというパターンがありますが、もしかするとこの特別仕様の「LC」のカラーも、実際に目の前で見たら写真や映像で受ける印象よりも格段に美しい仕上がりなのかもしれませんね。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。

2018年5月14日:諸事情により2018年の4月末より一時休止していた記事の新規投稿を5月14日より再開いたしました。



「Idea Web Tools」は2018年7月に運営開始から5周年を迎えました。
運営開始から2018年7月までの累計PV数は約1548万回、アクセスユーザー数は約612万5000人。多くの方々に当サイトのコンテンツを閲覧いただき感謝しております。