2018年6月15日金曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

フェラーリ250GTOが約76億円で売却される!個人間の取引で自動車史上最高額を更新か。

フェラーリ250GTOが約76億円で売却される!個人間の取引で自動車史上最高額か。
フェラーリ250GTOが自動車史上最高額の7000万ドルで売却か。(画像:dkeng.co.ukより引用)

約76億円!!フェラーリ250GTOが自動車の史上最高額で取引。


1台のクルマに支払われる金額とは思えない驚愕の価格ですね。。。

フェラーリの「250GTO」といえば、1960年代にわずか39台のみが生産され、高いパフォーマンスと美しいデザインが印象的なフェラーリの歴史の中でも同ブランドを象徴する名車となっており、近年、オークションなどでも高額で取引され話題となることも多いクルマですが、先日、そんな「250GTO」が、オークションではない個人間での取引で、7000万ドル、日本円にしてなんと約76億円という、自動車の歴史上最も高額と考えられる価格で売却されたようです。


史上最も高額で取引されたクルマ!購入したのは米国の実業家?

フェラーリ250GTOが約76億円で売却される!個人間の取引で自動車史上最高額か。
7000万ドルという価値のシリアル番号4153GTの250GTO。米国の実業家が購入したようです。
(画像:dkeng.co.ukより引用)

複数の自動車メディアが報じた内容によると、アメリカ人の実業家により7000万ドル、日本円にしてなんと約76億円というとんでもない金額、おそらく、自動車の歴史上最も高額で取引されたことが確認されたようで、autoclassicsが掲載している記事では、この驚異的な車のオーナーは自動車のフロアマットなどを手がける「ウェザーテック」のCEOであるデビッド・マクネイル氏らしく、今回取引されたシリアル番号「4153GT」は英国の「DKエンジニアリング」によりレストア済みで、フェラーリ社の「フェラーリクラシケ」の認定も受けているモデルとのこと。

ちなみに、デビッド・マクネイル氏は、この他にも多数のフェラーリを所有しており、このコレクションの中には1963年製の「250GT Lusso chassis」、1960年製「250GTベルリネッタSWB」「F50」「F40」「エンツォ」などの、現在は数億円単位で取引されるような希少な名車が含まれていると言われています。


現在までのオークションでの取引で3800万ドル(2014年当時のレートで約39億円)個人間取引で5200万ドル(2013年当時のレートで約51億円)という、今まででも1台のクルマとは思えないような価格で取引されてきたフェラーリの250GTOですが、さらにそれらを超える7000万ドルという史上最高額を更新したのもまた、「250GTO」となってしまったようで、もしかすると、今後、これらの車がさらに高額で取引されることになるのかもしれません。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。

2018年5月14日:諸事情により2018年の4月末より一時休止していた記事の新規投稿を5月14日より再開いたしました。



「Idea Web Tools」は2018年7月に運営開始から5周年を迎えました。
運営開始から2018年7月までの累計PV数は約1548万回、アクセスユーザー数は約612万5000人。多くの方々に当サイトのコンテンツを閲覧いただき感謝しております。