2018年6月7日木曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

「マクラーレンF1 GTR ロングテール」のデザインを再現した特別な「675LT」を公開。

マクラーレンF1 GTR「ロングテール」のデザインを再現した特別な「675LT」を公開。
レースかー「マクラーレンF1 GTRロングテール」のガルフレーシングカラーを再現した「675LT」
(画像:プレスイメージより)

マクラーレンF1のガルフレーシングのカラーを再現した「675LT」


マクラーレンは、同社のパーソナライゼーション部門「MSO(マクラーレンスペシャルオペレーションズ)」によるオーダーメイドモデルとして、かつてル・マンで活躍した「マクラーレンF1 GTR」の印象的なガルフレーシングカラーを再現したという特別な「675LT」を発表しました。

限定モデルとして2015年に発表された「675LT」は、マクラーレンF1 GTR"ロングテール"を引き継ぐ「LT」の名が付けられたスーパーカーであり、今回のデザインでは、ガルフ・オイル・インターナショナル・リミテッドからレースカラーの使用の同意を得てペイントされているとのことです。


マクラーレンのパーソナライゼーション部門が手掛けたガルフ・オイル公認デザインの「675LT」に。

マクラーレンF1 GTR「ロングテール」のデザインを再現した特別な「675LT」を公開。
このモデルはマクラーレンのパーソナライゼーション部門「MSO」が担当し、ガルフ・オイルからもカラーの使用許可を得ているとのことです。(画像:プレスイメージより)

今回発表されたオーダーメイド仕様の「675LT」は、外装塗装にライトブルー、ブラック、レッド、そしてオレンジのセンターストライプという印象的なガルフレーシングのカラーに仕上げられており、このデザインは、1997年のレースカー「マクラーレンF1 GTRロングテール」にインスパイアされたデザインで、さすがに「Gulf」のロゴやデカール的なものは付いていないようですが、エクステリアだけでなくインテリアでも、オレンジとブルーのコントラストステッチや、空調、スタート/ストップボタンなどまで外装色と統一性のあるデザインとなっているのが特徴です。

マクラーレンF1 GTR「ロングテール」のデザインを再現した特別な「675LT」を公開。
マクラーレンF1 GTR「ロングテール」のデザインを再現した特別な「675LT」を公開。
マクラーレンF1 GTR「ロングテール」のデザインを再現した特別な「675LT」を公開。
マクラーレンF1 GTR「ロングテール」のデザインを再現した特別な「675LT」を公開。
マクラーレンF1 GTR「ロングテール」のデザインを再現した特別な「675LT」を公開。
マクラーレンF1 GTR「ロングテール」のデザインを再現した特別な「675LT」を公開。
マクラーレンF1 GTR「ロングテール」のデザインを再現した特別な「675LT」を公開。

このデザインを作成するにあたり、ガルフ・オイル・インターナショナル・リミテッドから有名なレースカラーが使用可能であるとの同意を得ているとのことで、エアブラシを含むペイントワークに費やされた時間はなんと800時間という手間のかかったデザインとなっているらしく、もし同じようなデザインを実際にMSOに依頼すると、1台数千万円のベース価格とは別で、一体どのくらいの費用が掛かるのか想像も出来ませんが、その辺りを気にしないレベルのオーナーさんが希望すれば、このような唯一無二のモデルをオーダーすることも出来るのかもしれません。
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。

2018年5月14日:諸事情により2018年の4月末より一時休止していた記事の新規投稿を5月14日より再開いたしました。



「Idea Web Tools」は2018年7月に運営開始から5周年を迎えました。
運営開始から2018年7月までの累計PV数は約1548万回、アクセスユーザー数は約612万5000人。多くの方々に当サイトのコンテンツを閲覧いただき感謝しております。