トヨタ、新型「スープラ」を世界初披露!日本発売は2019年春を予定。

トヨタ・スープラ 新型
トヨタが新型「スープラ」をデトロイトモーターショーにて初披露!(画像:プレスイメージより)

新型「スープラ」がついに登場!復活した5代目は「GR」初のグローバルモデルに。


トヨタは、2019年1月14日、米国で開催されているデトロイトモーターショーにて、市販モデルとなる新型「スープラ」を世界初披露しました。

1978年に誕生し、2002年に生産が終了してから17年ぶりの復活となる5代目「スープラ」は、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデル「GR Supraとなっており、日本での発売は2019年の春頃を予定しているとアナウンスされています。


新型「スープラ」は直列6気筒エンジンの「RZ」と直列4気筒エンジンの「SZ-R」「SZ」をラインアップ。

トヨタ・スープラ 新型
注目されていた新型「スープラ」がついにその姿を現しました!(画像:プレスイメージより)

ついに市販モデルが正式発表された新型「スープラ」は、最初にご紹介した通り、2002年に生産終了してから17年ぶりの復活となる5代目モデルで、各世代で共通だった「直列6気筒エンジンを積んだFR車」であったことを新型でも継承し、それに加えて、今回のモデルでは「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3つの基本要素にこだわり、ピュアスポーツカーにふさわしいハンドリング性能を実現しているとのこと。

トヨタ・スープラ 新型
トヨタ・スープラ 新型
トヨタ・スープラ 新型


具体的には、ホイールベースは、2シーターに割り切ることで「86」よりも100mm短い2,470mmを実現し、それにより、ホイールベースとトレッドの比は1.55という、他の量産スポーツカーと比較してもトップレベルの小さい数値を達成しており優れた回頭性に寄与。重心高にも徹底的にこだわり、水平対向エンジンを搭載した「86」よりもさらに低い重心高を実現。コーナリング性能にとって重要な要素の1つである前後重量バランスについても、理想とされる50:50の配分を達成し、これらが新型「スープラ」の「ピュアスポーツカー」としての特徴となっているとのことです。

トヨタ・スープラ 新型 エンジン
トヨタ・スープラ 新型 リア
直列6気筒エンジンと直列4気筒エンジンで計3種類のグレードを用意。(画像:プレスイメージより)

新型「スープラ」は、上位モデルで直列6気筒エンジンの「3.0リットルの直6ツインスクロールターボエンジン(最高出力340PS/最大トルク500Nm)」を搭載した「RZ」と、直列4気筒エンジンではチューニングの異なる2つの「2.0リットル・ツインスクロールターボエンジン」を搭載した「SZ-R」「SZ」が設定されており、直列4気筒エンジンモデルの「SZ-R」では最高出力258PS、最大トルク400Nmというハイパフォーマンスを実現し軽快なスポーツ走行を楽しめ、最高出力197PS、最大トルク320Nmの「SZ」では、街中から高速道路まで爽快なドライビングを気軽に味わえるエンジンに仕上げられているとのことで、エンジンの仕様別でドライバーの走行シーンに合わせたグレードが用意されています。

トランスミッションについては「8速スポーツAT」の存在のみが公表されており、現時点でMTモデルがラインアップされるのかは不明です。

デトロイトモーターショーでの新型スープラの発表の様子。



コンセプトカー「FT-1」を彷彿とさせるエクステリアも特徴的。

トヨタ・スープラ 新型
2014年のスポーツデザインコンセプト「トヨタ FT-1」を市販車に反映したイメージですね。
(画像:プレスイメージより)

新型「スープラ」のエクステリアデザインは、市販化されるにあたり現実的なカタチに纏められている部分もありますが、2014年のデトロイトモーターショーで公開され話題となったコンセプトモデル「トヨタ FT-1コンセプト」にかなり近いスタイルに仕上げられており、ショートホイールベースと大径タイヤによりタイヤの存在を強調するサイドビューや、2シーターらしいタイトなキャビンと、ワイドトレッドからなるスーパーワイドスタンス、ロングノーズショートキャビンシルエットなど、スポーツカーらしいスタイルとなっており、そのほか、同じくトヨタのスポーツカー「2000GT」や、先代の4代目「スープラ」などの伝統を継承し、「空気抵抗低減に寄与するダブルバブルルーフ」、「ランプを車両内側に寄せることでフェンダーのボリュームを豊かに見せ、凝縮したボディデザインとする手法」といった、歴代モデルの要素が取り入れられているのも特徴です。

トヨタ・スープラ 新型
トヨタ・スープラ 新型
トヨタ・スープラ 新型
トヨタ・スープラ 新型


また、ボディ剛性は、アルミニウムと鉄を用いた骨格構造と、異なる素材同士の接合強度を追求したことで、86の約2.5倍、「CFRP」のキャビンを採用したレクサスの「LFA」をも上回る高剛性が実現されているとのこと。

トヨタ・スープラ 新型 インテリア
新型「スープラ」のインテリアデザイン※日本仕様(画像:プレスイメージより)
トヨタ・スープラ 新型 インテリア
トヨタ・スープラ 新型 インテリア
新型「スープラ」のインテリアデザイン※海外仕様(画像:プレスイメージより)
トヨタ・スープラ 新型 インテリア
トヨタ・スープラ 新型 インテリア
新型「スープラ」の内装シートレイアウトの写真。ちなみに、新型スープラは4人乗りではなく2人乗り(2シーター)モデルとなっています。
トヨタ・スープラ 新型 インテリア
トヨタ・スープラ 新型 インテリア

インテリア面では、共同開発モデルとして先に登場している「BMW Z4」の新型と似たデザインが採用されており、上下に薄いインパネと高く幅の広いコンソールによる、典型的なFRスポーツカー空間に、シフトバイワイヤ式のシフトレバー、8.8インチTFTメーター、大型フルカラーヘッドアップディスプレイによる、運転席中心でタイトな新世代コクピットレイアウトを採用するなど、スポーティで先進的なスタイルに仕上げられているようです。

有名ユーチューバーのShmee150さんが発表されたばかりの実車の新型スープラを紹介している動画です。


新型「スープラ」の日本発売は2019年の春頃から。

トヨタ・スープラ 新型 ロゴ
トヨタ「GRスープラ」のロゴ(画像:プレスイメージより)

正式に市販モデルが発表されたばかりのため、現時点では、国内向けモデルの詳細については具体的な発売日や価格などの不明な部分もありますが、日本仕様の新型「スープラ」のグレードは「RZ」「SZ-R」「SZ」の3つで、日本では、RZグレードに直6エンジン、SZ-RとSZグレードに直4エンジンを搭載するなど、国内向けに展開されるモデルの情報も公表されています。

そのほか、サイズなどその他のグレード別の車両情報も発表されていますので、エンジンスペックやボディサイズ(全長・全幅・全高)、タイヤサイズなどの主要諸元は以下の画像でご確認いただけます。
トヨタ・スープラ 新型 主要諸元
トヨタが発表した新型スープラの日本仕様の詳細。(プレスリリースより)

市販モデルとしての復活の噂が出てから数年、同じく復活した日本メーカーのスポーツカー「NSX」の新型などと同様に、常に「気にされる存在」であり続けた新型「スープラ」ですが、この度、ついにその姿やスペックが明らかにされました。

日本語訳の付いた新型スープラの開発ストーリー。


今後、新型「スープラ」の新たな情報が発表された際にはお伝え出来ればと思います。
トヨタ、新型「スープラ」を世界初披露!日本発売は2019年春を予定。 トヨタ、新型「スープラ」を世界初披露!日本発売は2019年春を予定。 Reviewed by hossy on 16 1月 Rating: 5
Powered by Blogger.