2019年2月15日金曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

ベントレー「ベンテイガ・スピード」を発表!0-100km/hは3.9秒、最高速度は306km/hの高性能SUVに。

ベントレー・ベンテイガ・スピード
ベントレーの高級SUV「ベンテイガ」に、さらにハイパフォーマンスな「スピード」が登場。
(画像:プレスイメージより)

ベントレー、高性能な新型「ベンテイガ・スピード」を発表。


ベントレーは、2015年に登場した高級SUV「ベンテイガ」の、パフォーマンス指向の高性能バージョンとなる「ベンテイガ・スピード」を発表しました。

「ベンテイガ・スピード」は、6.0リットルのW12エンジンを搭載し、最高出力は635PS。SUVであるにも関わらず0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は306km/hという、最高速度ではあの「ランボルギーニ・ウルス」を超える世界最速の量産SUVとなっているとのことです。


新型の「ベンテイガ・スピード」、最高速度がSUVとしては世界でも最速クラスに。

ベントレー・ベンテイガ・スピード
0-100km/h加速は3.9秒、最高速度はSUVとしては最速となる306km/hに。(画像:プレスイメージより)

ベントレーが発表した新型の「ベンテイガ・スピード」は、2015年に登場した「ベンテイガ」をベースに、性能面をさらに強化することにより、エンジンは同じく6.0リットルW12ツインターボエンジン搭載ですが、通常モデルとは異なるハイパワーバージョンとなり、通常のベンテイガの最高出力608PSから、最高出力635PS、最大トルク900Nmへとアップされており、その結果、最高速度も301km/hから306km/hへと向上し、0-100km/h加速は4.1秒から3.9秒に短縮されているとのこと。

ベントレー・ベンテイガ・スピード
6.0リットルW12ツインターボエンジンのハイパワーバージョンが搭載。(画像:プレスイメージより)

ちなみにこの数字は、0-100km/hではマセラティの「レヴァンテ・トロフェオ」と同等であり、最高速度に関しては今までSUVとしては世界最速だった「ランボルギーニ・ウルス」の305km/hを超える世界最速SUVとなってしまうようで、この性能強化とともに、ブレーキも6,000 Nmの制動力を発揮し、耐熱温度は1,000°C、鉄製ブレーキと比べて20 kgの軽量化を達成しているという、ベントレーの中で最大かつ最強のセラミックブレーキが装備されています。

ベントレー・ベンテイガ・スピード
ベントレー・ベンテイガ・スピード

「ベンテイガ」には、乗り心地を最優先させた「COMFORT」、走りを重視した「BENTLEY」と「SPORT」、そしてドライバーが好みに応じて設定できる「CUSTOM」という4種類のオンロード向けドライブダイナミクスモードが用意されていますが、こちらの「ベンテイガ・スピード」で採用されている「SPORT」モードは、通常とは異なる専用チューニングがされており、W12エンジンと8速オートマチックトランスミッションのレスポンスだけでなく、サスペンションとBentleyダイナミックライド(電動式アクティブ・ロール・コントロール技術)のレスポンスも向上。これまで以上にダイナミックで一体感のある走りが実現されているとのことです。

スーパーカー並みの性能と上質な超高級SUVとしての内外装を備える「ベンテイガ・スピード」

ベントレー・ベンテイガ・スピード
ベースモデルよりスポーティ。しかしエレガントさは保たれたデザインに。(画像:プレスイメージより)

スーパーカー並みの性能を持ったハイパフォーマンスモデルではありますが、もちろん、超高級なSUVとしてのラグジュアリーさは内外装や走りに反映されており、エクステリアではボディ下部パーツや前後バンパーのスプリッター、テールゲートスポイラーなどをボディと同色でまとめることで統一感を演出し、フロントドア下部には、エレガントな印象のSpeedバッジがさりげなく配されているほか、前後のライトがダークティントに、新設計の22インチ10本スポークホイールが採用されるなど、スポーティなモデルらしいアクセントが優美さを壊さないように装備されているのも特徴です。

ベントレー・ベンテイガ・スピード
ベントレー・ベンテイガ・スピード
ベントレー・ベンテイガ・スピード
ベントレー・ベンテイガ・スピード
ベントレー・ベンテイガ・スピード
ベントレー・ベンテイガ・スピード

様々なオプションにより個性的なスタイルを実現することも可能な豪華なインテリアでは、新たに「アルカンターラ」が素材として選択可能となっており、助手席側フェイシアにはメタル製Speedバッジが輝き、キャビンに足を踏み入れるときは、「イルミネーション付きSpeedトレッドプレート」が迎えてくれるほか、オプションとしてシートのバックレスト部分に「Speed」の文字を入れることも可能とのこと。

ベントレー・ベンテイガ・スピード
エクステリアに付けられた「Speed」のエンブレム。(画像:プレスイメージより)

新型の「ベンテイガ・スピード」は、ジュネーブモーターショーで世界初公開され、2019年後半に発売が開始されるとのことで、日本向けの価格などは現時点ではアナウンスされていませんが、現行型の通常の「ベンテイガ」が2786万円なので、その上位バージョンとなると3000万円クラスになる可能性もありそうですね。

関連記事

世界一速いSUVはどんなクルマ?「世界最速のSUVランキング」TOP5

ベントレーが新型の高級SUV「BENTAYGA(ベンテイガ)」を発表!日本での販売価格は2695万円に。


この記事についてSNSでシェア出来ます。

広告



Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。


Idea Web Toolsの運営に関するお知らせ。
・2019年3月:今月はジュネーブモーターショー関連の新型モデルやコンセプトカーの記事を多めに掲載しています。



Idea Web Toolsの5周年記念のバナー

当サイト「Idea Web Tools」が2013年に運営を開始し、2018年で5周年を迎えました。