ポルシェ、新型「カイエンクーペ」を発表!スポーティな新しいボディバリエーションとして登場。

ポルシェ・カイエンクーペ
ポルシェ「カイエンクーペ」を正式発表。カイエンの新たな派生モデルとして登場へ。
(画像:プレスイメージより)

ポルシェ「カイエンクーペ」がついに登場!スポーティな外見が特徴的な新モデルに。


ポルシェは、SUV「カイエン」の派生モデルとなる「カイエンクーペ」を正式発表しました。

SUVレンジに新たなボディバージョンとして追加された新型の「カイエンクーペ」については、当サイトでも、以前より開発段階のプロトタイプなどの情報をご紹介していましたが、ついにその市販モデルのデザインや概要が明らかとなりましたので、今回の記事では、日本向けの販売情報や価格などを含む、発表された最新情報をご紹介していきたいと思います。

(2019年5月更新:追加で発表された「カイエンSクーペ」についての情報を掲載しました)


後方に傾斜する急勾配のルーフラインを採用したスタイリッシュな4ドアSUVクーペに。

ポルシェ・カイエンクーペ
4ドアSUVでありながら、特徴的なルーフラインを採用しスポーティなイメージに仕上げられたデザイン。
(画像:プレスイメージより)

今回発表された「カイエンクーペ」は、2ドアではなく、ベースとなる第3世代の「カイエン」と同様に4ドアSUVであるものの、通常の「カイエン」と異なる後方に傾斜する急勾配のルーフラインが採用されたデザインが特徴となっており、ポルシェによると、セグメントで最もスポーティな外見を備えたモデルとして位置付けられるモデルであるとのこと。

ポルシェ・カイエンクーペ
カイエンクーペのサイズは全長4931mm、全高1676mm、全幅2194mm(ミラー含む)
ポルシェ・カイエンクーペ
ポルシェ・カイエンクーペ
ポルシェ・カイエンクーペ

具体的には、カイエンよりも低いフロントウインドウとAピラーは、約20mm下がったルーフエッジに呼応し、再設計されたリアドアとフェンダーによって、リアトレッドが18mmワイドになり、全体的に力強い印章が増しているほか、ナンバープレートはバンパーへと統合されており、車両はより地面に近ずいているように見えるとのことです。

ポルシェ・カイエンクーペ
カイエンクーペのリアスポイラーですが、SUVからこれが出てきたら驚きますよね。

また、ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)のパーツとして、固定式ルーフスポイラーと新しいアダプティブリアスポイラーが組み合わされたものが採用されており、クーペモデルのシルエットとシームレスに一体化するスポイラーは、90km/hを超えると135mmまで展開してリアアクスルへの接地圧を高め、同時にPAAが空力効率を改善するとのことで、この機能は、最新型の「カイエンターボ」で採用されたものをさらに前進させたものとなっています。

デビュー時には「カイエンクーペ」と高性能な「カイエンターボクーペ」がラインアップへ。

ポルシェ・カイエンクーペ
通常モデルとともに高性能仕様の「カイエンターボクーペ」もラインアップされます。

今回、発表されたばかりの新型「カイエンクーぺ」には、デビュー時に、3リッター6気筒ターボエンジンを搭載する「カイエンクーぺ」と、「4リッターV8ツインターボエンジン」を搭載する「カイエンターボクーペ」がラインアップされるとのことで、通常のカイエンクーペは、最高出力340PS、最大トルク450Nm、標準装備されるスポーツクロノパッケージによって、0-100km/h加速タイムは6秒、最高速度は243km/hと公表。さらに、オプションのライトウェイトスポーツパッケージを装備すると0-100km/h加速タイムが5.9秒に短縮。そして、トップエンドモデルとなる高性能な「カイエンターボクーペ」は、最高出力550PS、最大トルク770Nm、0-100km/hの加速はわずか3.9秒で、最高速度は286km/hに達するというハイパフォーマンスなSUVに仕上げられているようです。

クーペスタイルのスポーティな外見にSUVとしての実用性や快適性も備える。

ポルシェ・カイエンクーペ
スタイルを重視したモデルですが、実用性や快適性も兼ね備えたSUVに仕上げられているようです。

通常の「カイエン」に比べて、デザイン的にもスポーティな方向性が示された「カイエンクーペ」ですが、SUVとしての利便性も意識されており、低く構えたスポーティなシルエットにもかかわらず、カイエンよりも30mm低く設定されたリアシートによって、後席乗員の頭上にも十分なスペースが確保されており、大人4人のための広々としたスペースが備えられているほか、ラゲッジスペースも日常の使用に理想的な625リッターで、さらに、リアシートを折りたたむと1,540リッター(カイエンターボクーペ:600リッターから1,510リッター)まで拡張されるなど、日常での使用を想定した快適性や実用性も十分なモデルとなっています。

ポルシェ・カイエンクーペ
ポルシェ・カイエンクーペ
ポルシェ・カイエンクーペ


個人的には「カイエンクーペ」という名前から、メルセデスやBMWのSUVクーペのような独特な雰囲気のモデルで、それらのモデルのライバル的な感じになるのかと予想もしていましたが、登場してみると通常の「カイエン」よりはスタイリッシュではありながらも、実用性を備えながら大袈裟な感じではないスタイルとなっているので、日本でも発売されれば、通常の「カイエン」の新たな選択肢として需要あるモデルとなりそうな気がします。

カイエンクーペの日本での予約受注が開始!

ポルシェ・カイエンクーペ 日本発売
カイエンクーペの日本での予約受注開始が発表。価格は1115万円から。

ポルシェジャパンは、第3世代カイエンの新たなバリエーションモデルとして発表された「カイエンクーペ」および、高性能な「カイエンターボクーペ」の予約受注を、2019年4月22日から日本国内のポルシェ正規販売店にて開始しました。

新型「カイエンクーペ」の日本での販売価格と仕様。


日本で正規販売される「カイエンクーペ」と「カイエンターボクーペ」の仕様は、両モデルともにトランスミッション/8速Tip-S、ハンドル/右となっており、価格は「カイエンクーペ」が1115万円、「カイエンターボクーペ」が1974万円(消費税込み価格)とアナウンスされています。

「カイエンクーペ」と「カイエンターボクーペ」の日本での発売日については、決定次第発表されるとのことです。

日本向けに導入される「カイエンクーペ」のカラーおよびホイール。


現時点でポルシェの公式サイトにて公開されている情報によると、新型の「カイエンクーペ」には、エクステリアカラーとして、スタンダードカラーが2色、メタリックカラーが6色、スペシャルカラーが2色用意されており、インテリアカラーは2色の組み合わせを3種類含む6タイプが用意されるようです。

また、純正のホイールについても、全15種類が公開されており、今の所はコンフィギュレーターが正式公開されていないようなので詳細は不明ですが、今後、価格などを含めたオプションの詳細も明かされるものと予想されます。

新たに「カイエンSクーペ」が登場。ベース車とターボの中間のモデルに。

ポルシェ・カイエンSクーペ
ポルシェが新たなバリエーションとなる「カイエンSクーペ」を発表。(画像:プレスイメージより)

ポルシェは、「カイエンクーペ」の新たなラインアップとなる「カイエンSクーペ」を発表しました。(2019年5月18日追加更新)

「カイエンSクーペ」は、先に発表されているベースモデルの「カイエンクーペ」と、高性能な「カイエンターボクーペ」の中間となるモデルとなっており、2.9リットルV6エンジンを搭載し、最高出力440PS、最大トルク550Nm、0-100km/hの加速は5秒、オプションのライトウェイトスポーツパッケージ装着車の場合、この0-100km/h加速がさらに速くなり、わずか4.9秒で到達、そして最高速度は263km/hとアナウンスされています。

ポルシェ・カイエンSクーペ
「カイエンクーペ」と「カイエンターボクーペ」の中間に位置する新たなバリエーションに。

また、「カイエンSクーペ」には、20インチアロイホイールやパーキングアシスト、サラウンドビューカメラ、固定式パノラマガラスルーフなどが標準装備されているほか、オプションとしてカーボンルーフも選択可能とされていますが、こちらの情報は海外向けのもののため、日本国内仕様が同一の装備でリリースされるかは不明です。

ポルシェ・カイエンSクーペ
ポルシェ・カイエンSクーペのインテリアデザイン。

「カイエンSクーペ」は、ベースとなっている「カイエンクーペ」と比較するとより高性能でありながら、上位の高性能モデルとなる「カイエンターボクーペ」よりは若干抑えられているのが特徴で、「カイエンクーペ」の新たな選択しとなりそうです。
ポルシェ、新型「カイエンクーペ」を発表!スポーティな新しいボディバリエーションとして登場。 ポルシェ、新型「カイエンクーペ」を発表!スポーティな新しいボディバリエーションとして登場。 Reviewed by hossy on 26 3月 Rating: 5
Powered by Blogger.