ランボルギーニから2台の限定車「SVJ63ロードスター」と「ウラカンEVOセレブレーション」が登場!

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ63ロードスター

ランボルギーニから特別なデザインが特徴の2台の限定車が発表。


ランボルギーニは、米国で開催された自動車イベント「モントレーカーウィーク」にて、「アヴェンタドールSVJ」をベースにした「アヴェンタドールSVJ63ロードスター」と、「ウラカンEVO」をベースにした「ウラカンEVO GTセレブレーション」を発表しました。


63台限定の「アヴェンタドールSVJ63ロードスター」

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ63ロードスター
「アヴェンタドールSVJ63ロードスター」(画像:プレスイメージより)

「アヴェンタドールSVJ63ロードスター」は、アヴェンタドールの限定高性能モデル「SVJ」をベースに、ユニークでエキゾチックなエクステリアとインテリアに仕上げられた世界で63台限定の特別仕様となっており、2018年に「SVJ」のクーペが発表された際に公開されていた「SVJ63」のロードスターバージョンとなります。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ63ロードスター
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ63ロードスター
ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ63ロードスター

ランボルギーニ社が設立された1963年を意味した「63」の数字が取り入れられたスタイルが印象的なこちらのモデルでは、先に発表されていたクーペモデルとは異なるデザインが採用されているのも特徴で、限定生産される63台は、発表された時点ですでに全て世界中のコレクターに販売されており、2020年以降に納車が予定されているとのこと。

モータースポーツをイメージした36台限定の「ウラカンEVO GTセレブレーション」

ランボルギーニ・ウラカンEVO GTセレブレーション
11はレースに参戦している11号車の意味。

また、同時に発表された「ウラカンEVO GTセレブレーション」は、レーシングモデルの「ウラカンGT3 EVO」が、2年連続でデイトナ24時間とセブリング12時間で優勝したことを祝う「ウラカンEVO」ベースのオマージュモデルとなっており、参戦した「ウラカンGT3 EVO」のデザインに近い「GRTグラッサー・レーシング・チーム」のカラーを連想させるスタイルに仕上げられているのが特徴で、顧客が要望すれば、ボディのデザインにイタリアとアメリカの国旗や月桂冠などを配置することも出来るようです。

ランボルギーニ・ウラカンEVO GTセレブレーション
ランボルギーニ・ウラカンEVO GTセレブレーション
ランボルギーニ・ウラカンEVO GTセレブレーション
ランボルギーニ・ウラカンEVO GTセレブレーション

「ウラカンEVO GTセレブレーション」は世界限定36台で、各米市場のみで販売され、2020年初頭に納車開始が予定されているとのことです。
ランボルギーニから2台の限定車「SVJ63ロードスター」と「ウラカンEVOセレブレーション」が登場! ランボルギーニから2台の限定車「SVJ63ロードスター」と「ウラカンEVOセレブレーション」が登場! Reviewed by hossy on 18 8月 Rating: 5
Powered by Blogger.