スポンサーリンク
2013年10月8日火曜日

フェラーリ250GTOが51億円で落札。自動車では最高値を更新


フェラーリ 250GTO
フェラーリ250GTOの参考画像。 Some rights reserved by Benoit cars

フェラーリGTOが51億円で売却。


以前にも「67年製のフェラーリ275GTBが27億円で落札!?」で高額なフェラーリが27億円で売却されたという記事を掲載しましたが、今回は9月にそれの遥か上を行く5200万ドル(日本円にして約51億円)もの高額でフェラーリのレーシングカーが非公開の取引により売却されました。


最高値は1963年製の「フェラーリ 250GTO」

フェラーリ 250GTO
フェラーリ250GTOの参考画像。 Some rights reserved by Eddy Clio

今回売却されたモデルは1963年製のフェラーリらしい赤い250GTOとなっており、購入した人物については非公開となっています。もともとアメリカ在住のコレクターであるポール・パッパラルド氏の所有車だったものとなっており専門の取引業者を通じて売却されたとのこと。

例えば希少価値の高いもので某お宝鑑定番組でも数千万円単位までしか上がる事が無く、51億円という金額は世界の名立たる名画と肩を並べるレベルの価格にまで価値が高まっていることを意味しています。

クラシックカーの高額化でバブルが起こる!?

フェラーリ 250GTO
参考画像:フェラーリ250GTOとランチアのクラシックカー。Some rights reserved by Eddy Clio

フェラーリは特にクラシックカーのレーシングモデルの価値が上昇傾向にあり、今回のフェラーリ250GTOについては上記のフェラーリ275GTBの倍近い価格を付けており、今後もこのような超高額なクラシックカーが愛好家の間で取引される可能性があります。

また、ここまで高額になっている投機目的での売買に繋がる可能性も高く、土地転がしならぬフェラーリ転がし状態に陥ってバブル化することに繋がるかもしれません。

多分、今回のフェラーリGTOについては価格が価格なのでそのような事はないと思われますが、本来、こういう車は本当にフェラーリを愛している大金持ちの人が大切に所有している事が車にとっても幸せなんでしょうけどね。

おまけ。


【関連記事】
激レアな「フェラーリ250GTO」がオークションで39億円で落札!
オークションでフェラーリのレースカー「375プラス」が18億円以上で落札!
67年製のフェラーリ275GTBが27億円で落札!?
世界一高い車は?2014年版「高級車ランキング」トップ10
フランスの農場で半世紀ぶりに発見されたフェラーリがオークションで19億円に!

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。