スポンサーリンク
2014年5月18日日曜日

日産フェアレディZの高性能モデル「370Z NISMO」が登場

「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)の2015年モデル
日産フェアレディZ NISMO(370Z NISMO)の2015年モデル(画像:プレスイメージより)

日産フェアレディZ NISMO(370Z NISMO)を初公開。


日産自動車の米国法人「北米日産」がフェアレディZのファンイベント「ZDAYZ」にて公開したのは、フェアレディZの高性能社となる「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)の2015年モデルです。

「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)はフェアレディZをベースにエンジン性能や空力性能を高めたスポーツ仕様となり、外観、内装、スペックともにパワーアップしたプレミアムモデルとして登場することになります。


2015「フェアレディZ NISMO」は性能アップ&各部に新デザインを多数採用。

「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)の2015年モデル
日産フェアレディZ NISMO(370Z NISMO)の2015年モデル(画像:プレスイメージより)

NISMOブランドらしいレッドのスポイラーなどが特徴的な2015年モデルの「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)は、パワーアップした最高出力355PSの3.7リッターV型6気筒ガソリンエンジンが搭載されているほか、優れた空力特性を発揮するエアロパーツなども採用されており、サイドスカート、リアバンパー、リアスポイラー、アルミホイールも新デザインのものに変更されているようです。

「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)の2015年モデル
日産フェアレディZ NISMO(370Z NISMO)の2015年モデルに搭載された3.7V6エンジン
(画像:プレスイメージより)
「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)の2015年モデル
日産フェアレディZ NISMO(370Z NISMO)の2015年モデル(画像:プレスイメージより)


ちなみに、エアロパーツなどについては、同じく日産の高性能スポーツカー「NISSAN GT-R」をモチーフにした機能性の高いものになっているとのこと。

「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)の2015年モデル
日産フェアレディZ NISMO(370Z NISMO)の2015年モデルの内装(画像:プレスイメージより)
また、インテリアについてもアルカンターラとレザーを組み合わせた高品質な仕様となっているほか、バケットシートには新たに自動車シートで有名なドイツのレカロと共同開発したものを採用しており、これにより走行時のホールド性が高められています。

新しい「フェアレディZ NISMO」は以前よりデザインが良い感じに?

「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)の2015年モデル
日産フェアレディZ NISMO(370Z NISMO)の2015年モデル(画像:プレスイメージより)
「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)の2015年モデル
日産フェアレディZ NISMO(370Z NISMO)の2015年モデル(画像:プレスイメージより)

フェアレディZのデザインに、白と赤と黒の組み合わせはとても似合っているように見えますね。



2014年までのフェアレディZ NISMOに比べるとデザイン面では改良された今回の2015年モデルの方が一段とスポーティで洗練された印象になっていると感じました。

「フェアレディZ NISMO」(370Z NISMO)の2015年モデル
日産フェアレディZ NISMO(370Z NISMO)の2015年モデル(画像:プレスイメージより)

今回発表されたフェアレディZ NISMO(370Z NISMO)は、来年2015年の7月頃に米国で先に370Z NISMOの名前で発売される予定となっており、日本国内向けの「フェアレディZ NISMO」についても今後発表されていくものと思われます。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。