スポンサーリンク
2015年2月28日土曜日

アウディがディーゼルPHVのコンセプトカー「プロローグ・アヴァント」を発表

アウディがディーゼルPHVのコンセプトカー「プロローグ・アヴァント」を発表
アウディが公開した新型のコンセプトカー「プロローグ・アヴァント」(画像:プレスイメージより)

低燃費な大型ステーションワゴン?「プロローグ・アヴァント」


新型の「R8」が初披露されるジュネーブモーターショーで、アウディはもう一台、将来的な5ドアステーションワゴンスタイルの新しいコンセプトモデルを初公開します。

2014年のロサンゼルスモーターショーで発表された2ドアクーペのコンセプトカー「プロローグ」をベースにシューティングブレーク風なデザインに仕上げられた「プロローグ・アヴァント・コンセプト」は、最近のアウディが採用している新しいデザイン言語を取り入れたデザインに3.0リットルV6ターボディーゼルエンジンとモーターを組み合わせたPHVとなっており、EVモードでの走行は最大54kmという環境性能の高い大型車となっています。


A8並みのサイズに環境性能とパワーが組み合わされた「プロローグ・アヴァント・コンセプト」

アウディがディーゼルPHVのコンセプトカー「プロローグ・アヴァント」を発表
A8並みの巨大なサイズのPHVステーションワゴンに。(画像:プレスイメージより)

ジュネーブモーターショーで公開される「プロローグ・アヴァント・コンセプト」は、シューティングブレークのような5ドアのステーションワゴン型ボディが特徴的なコンセプトカーとなっており、に3.0リットルV6ターボディーゼル「TDI」エンジンと電動モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドを搭載、このトータルの最高出力は455PS、最大トルクは76.5kgm、0-100km/hの加速は5.1秒という性能に。

アウディがディーゼルPHVのコンセプトカー「プロローグ・アヴァント」を発表
インテリアはシンプルでモダンな印象。(画像:プレスイメージより)
アウディがディーゼルPHVのコンセプトカー「プロローグ・アヴァント」を発表
シューティングブレイク的な雰囲気もあります。(画像:プレスイメージより)
アウディがディーゼルPHVのコンセプトカー「プロローグ・アヴァント」を発表
ディーゼルエンジンと電気モーターを組み合わせたPHVに。(画像:プレスイメージより)

サイズ的には全長5110mm、全幅1970mmと、現行モデルの最上級車「A8」と大きく変わらない設定となっており、最初にもご紹介しましたが、PHVによりEVモードでの走行は最大54kmという、高い環境性能とパフォーマンス性、大きなボディという次世代のラグジュアリーワゴンをイメージさせるモデルに仕上がっています。


ちなみにアウディについては、数年前より新たに「A9」という上級モデルが加えられるというウワサがありますが、今回の「プロローグ・アヴァント・コンセプト」がそれと関係あるのかも気になるところです。

【関連記事】
市販化が期待される「世界の最新コンセプトカー」2015年版

【関連記事】
アウディの無人走行車がグランプリコースを完走!スポーティ過ぎるプロモ映像も
「アウディR8」のフルモデルチェンジを発表
アウディが防弾仕様の「A8 Lセキュリティ」を発表
メルセデスとアウディから現行車よりさらに小型のスポーツカーが登場?
【動画】アウディが「ライト」をテーマにしたクールなプロモーション映像を公開

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。