スポンサーリンク
2016年8月20日土曜日

新型コンセプト「メルセデス・マイバッハ6」を初公開!巨大なラグジュアリークーペに。

メルセデス・マイバッハ6
メルセデス・マイバッハの新型コンセプトカーを公開!(画像:プレスイメージより)

マイバッハ復活?新型コンセプトカー「メルセデス・マイバッハ6」を披露。


メルセデスベンツは、高級車ブランドとなる「メルセデス・マイバッハ」の最新コンセプトモデルとなる「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」を、米国で8月19日に開幕した自動車イベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にて初披露しました。


クラシックカーやエクセレロを彷彿とさせる「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」

メルセデス・マイバッハ6
「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」は2+2シーターの巨大なクーペに。(画像:プレスイメージより)

今回初公開された「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」は、現在ラインナップされているSクラスベースの「マイバッハ」とは異なる巨大なラグジュアリークーペコンセプトとなっており、メルセデスベンツのクラシックカーや、独立したブランドだった頃にタイヤメーカーのプロモーションに関連して「マイバッハ57」をベースに製作されたコンセプトモデル「マイバッハ・エクセレロ」などを彷彿とさせる独特なスタイルに仕上げられている印象です。

メルセデス・マイバッハ6
クラシカルな雰囲気と現代的なスタイルが融合したデザイン。(画像:プレスイメージより)
メルセデス・マイバッハ6
独立ブランドのマイバッハ時代の「エクセレロ」を彷彿とさせるスタイル。(画像:プレスイメージより)
メルセデス・マイバッハ6
「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」のエンブレム。(画像:プレスイメージより)
メルセデス・マイバッハ6
ラグジュアリークーペとしての装備も充実しています。(画像:プレスイメージより)

「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」は、全長5700mm、全幅2100mm、全高1328mmというサイズに2+2シーターの設定であるほか、エンジンではなくモーターを搭載した4WDの電気自動車となっており、最高出力は750PS、0-100km/hの加速は4秒未満、最高速度は250km/hでリミッター作動、航続距離は500kmを超えるとアナウンスされています。

過去と未来が融合した「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」のデザイン。

メルセデス・マイバッハ6
全長は5700mmという巨大サイズの「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」(画像:プレスイメージより)

ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」には、SLS AMG以来となるガルウィングドアが採用されていたり、独立ブランドとしてのマイバッハが廃止される以前にリリースされていたラインナップで採用されていた縦型のグリルデザインで、中央に「MAYBACH」の文字が配置されているなど、詳しい意図は分かりませんが、このモデルについては、メルセデスベンツ、マイバッハ、AMGなどの新旧モデルの要素が取り入れられているようにも感じられます。

メルセデス・マイバッハ6
「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」にはガルウィングドアを採用。(画像:プレスイメージより)
メルセデス・マイバッハ6
Sクラスベースのマイバッハとは異なる縦型のグリル。(画像:プレスイメージより)
メルセデス・マイバッハ6
インテリアはレザー、ウッドを使用しているほか、未来的な装備も。(画像:プレスイメージより)
メルセデス・マイバッハ6
アナログとデジタル体験の融合を意識しているとのこと。(画像:プレスイメージより)

ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」のインテリアについては、最新テクノロジーと伝統的なメルセデスベンツの組み合わせが意識されており、素材に高品質なレザーやウッドを使用しながらも、フロントガラスが透明ディスプレイになっていたり、センサーにより乗員をスキャンして快適な環境を調整することが出来るなどの近未来的な装備が搭載されているようです。

「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」の市販化の可能性は?

メルセデス・マイバッハ6
現時点ではコンセプトカーですが、将来的にこのようなクーペを投入する可能性はあるのでしょうか?
(画像:プレスイメージより)

独自ブランドとしては消滅した「マイバッハ」が「メルセデス・マイバッハ」として復活し、そこから新たに発表されたということで、初披露前から注目度の高かった「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」、正直、現時点ではこのモデルがこの状態で市販化されることは難しいと考えられますが、あえてこのコンセプトを新たに発表したことからも、もしかすると将来的に、メルセデス・マイバッハのブランドとして超高級車やリムジン以外にもクーペやスポーツカーの投入が考えられているのかもしれません。


スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。