スポンサーリンク
2016年10月20日木曜日

マセラティの新型スポーツカー「アルフィエーリ」の発売時期は2020年以降に変更?

マセラティの新型スポーツカー「アルフィエーリ」の発売は2020年以降に先送り?
写真はコンセプトカーとして公開された「マセラティ・アルフィエーリ」( Some rights reserved by big-ashb

マセラティのリリース計画変更で「アルフィエーリ」の発売時期も変更?


マセラティが2014年に発表したクーペスタイルのコンセプトカー「アルフィエーリ」は、その後、SUVの「レヴァンテ」や新型の「グランツーリズモ」とともに、ラグジュアリーマーケットをカバーするモデルとして位置付け、2018年までの間に市販車としてリリースされる計画が同ブランドの製品リリース計画にて明らかとなっていましたが、今回報じられたニュースの通りなら、市販されるのは当初予定されていたよりもっと先のこと(2020年〜2021年?)になりそうです。


「アルフィエーリ」が2020年以降に変更され、新型の「グランツーリズモ」の生産が前倒しに?

マセラティの新型スポーツカー「アルフィエーリ」の発売は2020年以降に先送り?
「マセラティ・アルフィエーリ」は2018年までに市販化されることが予定されていましたが、さらに先になると予想されています。( Some rights reserved by eduparise

自動車メディアautocarが伝えた内容によると、マセラティは当初発表していた新型車のリリース計画を変更しているらしく、2014年〜2018年までの間にリリースされる計画として発表されていた「グランツーリズモ」より小型のV6エンジン搭載の新型スポーツカー「アルフィエーリ」の生産次期が2020年〜2021年に、逆に「アルフィエーリ」よりも後に発売される予定とされていた新型の「グランツーリズモ」及び「グランカブリオ」が、前倒しで生産されるスケジュールとなっている模様とのこと。


最初の計画なら、今年2016年にもコンセプトカーデザインを引き継ぐスタイリッシュな市販モデルとして登場していたはずの「アルフィエーリ」でしたが、その後、少し遅れて2018年末に登場するというウワサは出るも、現段階でも市販化についてのウワサや話題も出ておらず、今回報じられたニュースの通りなら、クーペの発売は2020年頃やそれ以降になってしまい、「アルフィエーリ」のオープン仕様として計画されている「アルフィエーリ・カブリオ」の市販化はさらに先の時期になってしまうものと考えられます。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。