2017年1月24日火曜日

世界トップクラスの高性能スーパーカー「ヘネシー・ヴェノムGT」の生産終了を発表。

ヘネシー・ヴェノムGT 生産終了
加速、最高速、価格などで世界トップレベルのスーパーカー「ヘネシー・ヴェノムGT」が生産終了。
(画像:ヘネシー・パフォーマンス公式サイトより)

世界最速モデルのひとつ「ヘネシー・ヴェノムGT」が生産終了。


米国のチューニングメーカー「ヘネシー・パフォーマンス」が製造する高性能モデルで、加速性能や最高速度、価格などの部門で世界でもトップクラスのスーパーカーとして知られる「ヴェノムGT」の生産が終了となることが、1月19日に同社により発表されました。

2013年に0-300km/hの加速13.61秒でギネス世界記録に認定されているほか、2016年には「ヴェノムGT・ロードスター」がオープンカーとしての世界記録を更新するなど、数々の記録を残したヴェノムGTは「引退」し、その性能は今後登場する予定の、さらに高性能とウワサされる新型モデル「ヴェノムF5」に受け継がれていくことになりそうです。


次世代モデル「ヴェノムF5」は「ヴェノムGT」を超える性能に。

ヘネシー・ヴェノムGT 生産終了
最終モデル「ヴェノムGT・ファイナルエディション」(画像:ヘネシー・パフォーマンス公式サイトより)

「ヘネシー・パフォーマンス」の発表によると、2010年から生産が始まった「ヴェノムGT」は、1台のプロトタイプを含む合計13台が生産され、最終モデルとなる「ヴェノムGT・ファイナルエディション」は、最高出力1451HPの7.0リットルツインターボV8エンジンを搭載し、120万ドル、日本円にして約1億3600万円にて販売されるとのこと。

ヘネシー・ヴェノムGT 生産終了
(画像:ヘネシー・パフォーマンス公式サイトより)
ヘネシー・ヴェノムGT 生産終了
(画像:ヘネシー・パフォーマンス公式サイトより)


また、ヴェノムGTのオープンカーバージョンとなる「ヴェノムGT・ロードスター」は、もともと、エアロスミスのボーカルであるスティーヴン・タイラーが第一号車のオーナーとなっており、こちらのモデルがオークションに出品されることも同じく発表されており、1月20日に行われたチャリティーオークションにて80万ドル、日本円にして約9000万円にて落札されたようです。

ヘネシー・ヴェノムGT 生産終了
スティーヴン・タイラーが所有し、先日オークションにて高額で落札された「ヴェノムGTロードスター」
オークションでの落札金額は、全額が寄付されるとのこと。(画像:barrett-jackson.comより引用)

・次世代モデル「ヘネシー・ヴェノムF5」

ヘネシー・ヴェノムGT 生産終了
ヴェノムGTの後継として今後登場が予定されている「ヘネシー・ヴェノムF5」
(画像:ヘネシー・パフォーマンス公式サイトより)

ちなみに、後継モデルとして今後登場する新型スーパーカー「ヘネシー・ヴェノムF5」は、最高出力1451HP以上、最高速度は466km/h以上、そしてライバルはあの「ブガッティ・シロン」ということらしく、生産終了となる「ヴェノムGT」を超える世界トップクラスの高性能モデルとして登場することになりそうです。

関連記事
世界一高い車は?2014年版「高級車ランキング」トップ10
世界一速い自動車は?2016年版「世界最速の車ランキング」TOP10
広告

記事についてSNSでシェア出来ます。


広告


Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。