2018年2月7日水曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

メルセデスベンツ「Aクラス」がフルモデルチェンジ!新型は内外装を一新、AI音声認識アシスタントも採用。

メルセデスベンツAクラス 新型 2018年
メルセデスベンツがフルモデルチェンジした新型の「Aクラス」を発表。(画像:プレスイメージより)

新型「メルセデスベンツAクラス」を発表。フルモデルチェンジした4代目モデルに。


メルセデスベンツのエントリークラスとして、2012年の3代目モデル(W176)では、初代、二代目とは大きく変更されたエクステリアデザインが話題となった「Aクラス」ですが、2018年2月2日に、3代目の登場から6年ぶりとなるフルモデルチェンジが発表された最新の4代目「Aクラス(W177)」では、さらに洗練されたデザインが反映され、上位モデルのような大型スクリーンを搭載するなど、コンパクトカーらしからぬ進化を遂げているのが特徴的です。


最新のデザインやハイテク装備を取り入れた新型「メルセデスベンツAクラス」の特徴。

メルセデスベンツAクラス 新型 2018年
新型のAクラス。エクステリアはもちろんですが、内装が一新されているのが特徴です。

2018年2月2日にメルセデスベンツが発表した新型の「Aクラス」は、同社が「これまでと同じくらい若々しくダイナミック」であり、「かつてないほど大人で快適」なモデルと表現するように、3代目モデルからの進化を思わせるエクステリアデザインを引き継ぎながらも、以前は高級なクラスで採用されていたようなデザインや機能をエントリークラスであるAクラスにも導入しているのが特徴で、最新技術を多数採用したモデルのイメージがエクステリアのデザインにも影響を与えた、スタイリッシュな外観に仕上げられています。

メルセデスベンツの新型「Aクラス」のエクステリアデザイン画像は以下より。

メルセデスベンツAクラス 新型 2018年
スポーティ、ダイナミズム、エモーションを表現したエクステリアデザインとのこと。
メルセデスベンツAクラス 新型 2018年
メルセデスベンツAクラス 新型 2018年
第四世代では、コンパクトなクラスでのラグジュアリーを再定義しているモデルになっているとのこと。

こちらは新型Aクラスの限定モデル「Edition1」の画像。

メルセデスベンツAクラス 新型 2018年
メルセデスベンツAクラス 新型 2018年

新型Aクラスでは、エクステリアについては先代モデルからの影響が感じられますが、インテリアについては全くの別物レベルで変更されており、運転席と中央にそれぞれディスプレイが採用され、1枚のガラスで繋がるようにカバーされているという、メルセデスベンツでも最新の上位モデルで導入され始めたばかりのデザインが取り入れられているのも特徴です。

以下は新型Aクラスのインテリアデザインの画像。

メルセデスベンツAクラス 新型 2018年 内装
インテリアについては先代のAクラスからは大きく変化した印象です。
メルセデスベンツAクラス 新型 2018年 内装
デザイン的にもターゲットにしている年齢層も比較的若そうなイメージです。
メルセデスベンツAクラス 新型 2018年 内装
上位クラスのイメージがあったこのデザインが、ついにAクラスにも採用されました。
メルセデスベンツAクラス 新型 2018年 内装
ハイテクな雰囲気(実際、技術的にも最新)が好きな人にはぴったりかもしれません。
メルセデスベンツAクラス 新型 2018年 内装
エアコンの吹き出し口からダッシュボードにかけて流れるイルミネーション。
メルセデスベンツAクラス 新型 2018年 内装
クルマというよりガジェットっぽい雰囲気もあるように感じられますね。

さらに、新開発のAIを利用した音声認識アシスタント「MBUX」(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)が搭載されることにより、乗員がハンドルのスイッチを押す、または「ヘイ!メルセデス」と呼びかけると起動し、様々な機能を操作することが出来るようになるなど、新型では先代モデルと比較してもハイテク装備の面でかなりの進化を遂げているようです。

メルセデスベンツAクラス 新型 2018年
アムステルダムでの初披露の際に展示された赤いカラーをまとった新型Aクラス。
メルセデスベンツAクラス 新型 2018年

今回発表された新型のメルセデスベンツAクラスについては、現時点では日本国内向けの導入時期や価格などについて詳細は公表されておらず、グレードや限定仕様などがどの程度日本で発売されるかは不明ですが、欧州向けにラインアップされるモデルとしては、新開発「M282」1.4リットル直列4気筒エンジンを搭載したガソリンモデルの「A200」(最高出力163PS/最大トルク250Nm)、「M260」エンジンを搭載した2リットルの「A250」(最高出力224PS/最大トルク350Nm)、「OM608」1.5リットルディーゼルエンジンを搭載した「A180d」(最高出力116PS/最大トルク260Nm)となっており、特別賞の「Edition1」も用意されるとのことです。


今回の発表では通常の「Aクラス」のみの披露でしたが、おそらく今後、先代モデルに引き続き高性能な「メルセデスAMG」仕様のモデルも登場することになるのではないかと考えられます。
記事についてSNSでシェア出来ます。


広告




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。