2018年3月26日月曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

メルセデスベンツが選ぶ「ベンツの歴代ラグジュアリーカーTOP5」を発表!

メルセデスベンツが選ぶ「メルセデスベンツの歴代ラグジュアリーカーTOP5」を発表!
メルセデスベンツが選ぶ「ベンツの歴代ラグジュアリーカーTOP5」

メルセデスベンツが選ぶ高級車は?歴代ラグジュアリーカーランキングTOP5を発表。


ある意味珍しいランキングですが、こんなTOP5を紹介出来るのは「メルセデスベンツ」だけかもしれませんね。

メルセデスベンツが、同ブランドのYouTubeチャンネルにて定期的に公開されている自動車に関するランキング形式の動画として、メルセデスベンツが選ぶ「メルセデスベンツの歴代ラグジュアリーカーTOP5」を公開していましたのでご紹介したいと思います!


「メルセデスの歴代ラグジュアリーカーランキング」歴史的な名車も最近登場した超高級モデルもランクイン!


以下は動画のランキングで登場したクルマの紹介となっていますので、最初に上の動画「Best of Benz – Top 5 Luxury Cars」を視聴してからご覧いただくことをおすすめします。

第5位「メルセデスベンツ540K」

メルセデスベンツが選ぶ「メルセデスベンツの歴代ラグジュアリーカーTOP5」を発表!
第5位「メルセデスベンツ540K」(画像:YouTube/Mercedes-Benzより)

ランキング第5位に選ばれたのは、「メルセデスベンツ540K」で、クラシカルなスタイルが特徴的なこちらのモデルは、1930年代に同ブランドの最高級車として登場し、近年ではオークションで億単位の価格で取引されるなどしています。

第4位「メルセデス・マイバッハ G650ランドレー」

メルセデスベンツが選ぶ「メルセデスベンツの歴代ラグジュアリーカーTOP5」を発表!
第4位「メルセデス・マイバッハ G650ランドレー」(画像:プレスイメージより)

第4位は2017年に99台限定で登場した「メルセデス・マイバッハ G650ランドレー」で、こちらはSUVの「Gクラス」をベースに、後部座席をオープンにし、贅沢な内装を取り入れた、SUV初の「マイバッハ」という珍しいモデルとなっており、詳細はこちらの記事でもご覧いただけます。
マイバッハから超高級SUVのオープンカー「メルセデス・マイバッハG650ランドレー」が登場!

第3位「メルセデスベンツ600」

メルセデスベンツが選ぶ「メルセデスベンツの歴代ラグジュアリーカーTOP5」を発表!
第3位「メルセデスベンツ600」(画像:YouTube/Mercedes-Benzより)

第3位は、1960年代に登場した「メルセデスベンツ600」となっており、VIP向けの高級サルーンでありながら、高い走行性能も兼ね備え、当時で最高速度200km/h、0-100km/h加速は9.7秒というスポーティなモデルでした。ちなみに、以前、1967年製のリムジン仕様「メルセデスベンツ・S600プルマン」が、ブラバスにより新車に近い状態にレストアされ、日本円にして2億円近い価格で販売されているという話題をご紹介したこともありました。
ほぼ新車?ブラバスがレストアした1967年製「メルセデスベンツ・S600プルマン」が約2億円で販売中!

第2位「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」

メルセデスベンツが選ぶ「メルセデスベンツの歴代ラグジュアリーカーTOP5」を発表!
第2位「メルセデス・マイバッハ S650カブリオレ」(画像:プレスイメージより)

第2位は2016年に発表された超高級オープンカー「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」で、マイバッハとしては初となるオープントップ4シーターモデルとして限定発売され、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用ヘッドライトや、各所にクロームを採用したエクステリアなどが特徴で、日本にも4台限定で導入され、価格は1台が4420万円で販売されました。

「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」が日本上陸!

第1位「メルセデスベンツ 300SLR ウーレンハウト・クーペ」

メルセデスベンツが選ぶ「メルセデスベンツの歴代ラグジュアリーカーTOP5」を発表!
第1位「メルセデスベンツ 300SLR ウーレンハウト・クーペ」(画像:YouTube/Mercedes-Benzより)

そして第1位は、「メルセデスベンツ 300SLR ウーレンハウト・クーペ」というモデルで、SLRマクラーレンのモチーフになったレーシングカー「300SLR」の設計者であるルドルフ・ウーレンハウトが、自身がプライベートで運転するために公道仕様に改造したもので、メルセデスベンツの歴史の中でもかなり貴重なモデルとなっているようです。

いかがでしたでしょうか?メルセデスベンツが自社の歴史の中でラグジュアリーなクルマのランキングを作るとこんな感じになるようです。

メルセデスベンツが選ぶ「メルセデスベンツの歴代ラグジュアリーカーTOP5」を発表!
ラグジュアリーといえば、1億4200万円もした「マイバッハ・ランドレー」辺りも入るかと思いましたが、やはり独立ブランド時代のモデルはランキング対象外ということのようですね。

「G650ランドレー」などが選ばれているのに、以前ラインアップされていた普通のマイバッハなどが入っていなかったりするのも意外でしたが、あの辺りはメルセデスベンツではなくマイバッハという「別ブランド」であるという認識ということなのでしょうか?数年以内に登場したクルマが選ばれているので、もしかすると将来、新たにこのランキングに入ってくるモデルが登場するのかもしれませんね。
記事についてSNSでシェア出来ます。


広告




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。