フェラーリ、「F40」からインスピレーションを受けたワンオフモデル「SP38」を発表!

フェラーリSP38
フェラーリの最新ワンオフモデルは「F40」からインスピレーションを受けたデザインに。
(画像:プレスイメージより)

フェラーリの最新ワンオフモデル「SP38」を初披露!


フェラーリは、モータースポーツに情熱を注ぐオーナーからのオーダーにより製作されたというワンオフの特別モデル「SP38」を発表しました。

世界に一台だけの特別なクルマとなる「SP38」は、「488GTB」をベースに、名車「F40」からインスピレーションを受けたリアデザインや、「308GTB」にインスパイアされたノーズなどが特徴的で、オーダーした顧客のレースに対する情熱が反映されたモデルに仕上げられているとのことです。


「フェラーリSP38」は「F40」や「308GTB」を意識したデザインが特徴。

フェラーリSP38
特別な顧客のために世界に一台だけのフェラーリを製造するワンオフプログラム最新モデル「SP38」
(画像:プレスイメージより)

フェラーリでは、一般的な市販モデルや限定生産モデルなどの量産車とは別に、特別な顧客の要望で製作されたワンオフモデルを手がけており、そんなフェラーリのワンオフプログラムの最新作となる今回発表された「フェラーリSP38」は、フェラーリを熱烈に愛する顧客からオーダーされ、レースに対する深い情熱を反映すべく「488GTB」をベースに、ロードとサーキットの双方を走れるように仕上げられているとのこと。

フェラーリSP38
488GTBをベースに、F40などのスタイルを取り入れた特別なデザインに。(画像:プレスイメージより)

SP38」はベースモデルとなっている「488GTB」とは全く異なるデザインとなっているのも特徴で、1987年に同社の創業40周年記念モデルとして登場した「F40」からインスピレーションを受け、エンジンカバーはカーボンファイバーを組み合わせた跳ね上げ式となっていて、3枚の横長の薄い板が熱を放散、F40のウィングをイメージした大型のリアスポイラーを採用、テール周りのフレームは、F40の獰猛さにあやかったスタイルとなっています。

フェラーリSP38
ちなみに、価格などは未公表ですが、デザインまでオーナーの意向に合わせ専用に設計された特別なクルマのため、ベースの488GTBとは比較にならないくらいの、とんでもない価格なのではないかと考えられます。
フェラーリSP38
フェラーリSP38
フェラーリSP38
フェラーリSP38

ちなみに、フェラーリF40を後ろから見るとこんな感じです。
フェラーリSP38 F40


また、F40だけでなく、フロントデザインでは、70年代から80年代に製造されていたミッドシップスポーツの「308GTB」も参考にされており、ヘッドランプは完全な新設計に、デイタイムランニングランプをバンパーのリップ部へ移動するなど、ベースモデルは488GTBではあるものの、デザイン面では全く異なった印象に仕上げられているのが特徴的です。



発表されたばかりの「SP38」は、5月26日に開催された自動車イベント「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」にて初披露されており、動画で展示されている様子や、低速ですが会場内を走行している実車の姿も確認できますが、様々な角度から本当にF40や308GTBを意識したデザインに仕上げられているのが理解できますね。

関連記事
フェラーリを象徴する歴代の名車特集!1948年から現在までの軌跡。

フェラーリ「P80/C」を発表!愛好家の依頼で特別に製作されたワンオフモデルに。

フェラーリ、「F40」からインスピレーションを受けたワンオフモデル「SP38」を発表! フェラーリ、「F40」からインスピレーションを受けたワンオフモデル「SP38」を発表! Reviewed by hossy on 28 5月 Rating: 5
Powered by Blogger.