2018年12月13日木曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

ポルシェ、新型「911」を発表!新たなデザイン、パワフルなエンジン、デジタル面でも進化した第8世代モデルに。

新型ポルシェ911(992型)
ポルシェが新型「911」を発表!(画像:プレスイメージより)


ポルシェ「911」がフルモデルチェンジ!第8世代モデルが登場。


ポルシェは2018年11月28日、ロサンゼルスモーターショーの前夜にフルモデルチェンジした新型「911」のワールドプレミアを開催しました。

ポルシェを代表する高性能スポーツカー「911」の第8世代モデル(992型)となる新型は、完全に新しいデザインの内外装、新世代の水平対向6気筒ターボエンジンの採用、そしてデジタル面での進化も施されており、911の普遍性と現代性を併せ持ったモデルに仕上げられています。


伝統とモダンが組み合わせられた新型「911」のエクステリア、インテリアのデザイン。

新型ポルシェ911(992型)
新しくなった新型の「ポルシェ911(992型)」のデザイン。(画像:プレスイメージより)

今回発表された新型の「ポルシェ911(992型)」は、11月初旬に発表前のプロトタイプの段階でもご紹介していた通り、先代とは異なるものの、すぐに911だと判別できる新たなエクステリアが採用されており、具体的には、よりワイドなホイールアーチ、そして20インチ(前)と21インチ(後)のホイール、全モデルを通して同じ幅のリアエンドは、スリムなセンターセクションを引き立て、フロントボディは45mmワイドになり、ドアと面一の電動ポップアウトハンドルは、テーパーの付いた滑らかなサイドラインを際立たせているとのこと。

新型ポルシェ911(992型)
新型ポルシェ911(992型)

また、新しいLEDヘッドライトを繋ぐフロントリッドのラインは、初代911を彷彿させ、全モデルのリアでは、ワイドな可変式リアスポイラーとエレガントなシームレスのライトバーが採用されていて、このデザインは夜だと良い意味で「得体の知れない感」があって目立ちそうですね。

新型ポルシェ911(992型)

インテリア面では、1970年代の911モデルを想起させる埋め込まれたメータを備えたダッシュボードのクリアで直線的なラインを特徴とし、ポルシェ特有の中央のレブカウンターの横に位置する2つのフレームレスの薄型自由形状ディスプレイがドライバーに必要な情報を提供。10.9インチセンタースクリーンは、新しい構造によって迅速に操作することが可能となっているほか、スクリーンの下の5個のスイッチを備えたコンパクトなユニットによって、重要な車両機能に直接アクセスすることができるとのことです。

新型ポルシェ911(992型)

このほか、最新の安全装備として、世界で初めて新開発のウェットモードを標準装備しており、この機能は路面の水を検知し、それに基づいてコントロールシステムを調整してドライバーに知らせるという、ある意味「スポーツカー」らしいもので、ドライバーは、スイッチを押すか、またはステアリングホイールのモードスイッチ(スポーツクロノ パッケージ仕様)を使用して、安全性を重視する設定に切り替えることが可能とのこと。

新世代の水平対向6気筒ターボエンジンを搭載、0-100km/hは「911 カレラS」で3.7秒。

新型ポルシェ911(992型)
よりパワフルになった新世代の水平対向6気筒ターボエンジンを搭載。(画像:プレスイメージより)

新型の「ポルシェ911(992型)」には、新世代の水平対向6気筒ターボエンジンが搭載され、最高出力はSモデルで450PSを発生。インジェクションプロセスの改善、ターボチャージャーの新しいレイアウト、給気冷却システムによって駆動効率が向上しており、新開発の8速デュアルクラッチトランスミッションがそのパワーを路面に伝えるシステムとなっており、0-100km/hの加速は後輪駆動クーペの「911 カレラS」で3.7秒、4WDモデルの「911 カレラ4S」でわずか3.6秒と、先代モデルを上回る加速性能で、オプションのスポーツクロノパッケージ仕様車では、さらに0.2秒速くなるとのこと。また、最高速度は308km/h(911 カレラS)と306km/h(911 カレラ4S)とアナウンスされています。

新型ポルシェ911(992型)
新型ポルシェ911(992型)
新型ポルシェ911(992型)
新型ポルシェ911(992型)

現時点では、新型911のラインアップとしては「カレラS」「カレラ4S」のみが公開され、新型ベースのさらに上位のグレードは未発表なので、今後、「GT3」などのさらにスポーティなラインアップも登場するのではないでしょうか?


ポルシェ、新型「911カレラS」「911カレラ4S」の日本での予約受注を開始!


ポルシェジャパンは、2019年1月30日に、ポルシェの「新型911カレラS」と「新型911カレラ4S」の予約受注を、日本全国のポルシェ正規販売店にて開始すると発表しました。

「新型911カレラS」と「新型911カレラ4S」の日本での仕様及び価格は以下の通りです。

新型911カレラS/トランスミッション:8速PDK/ハンドル:右/メーカー希望小売価格:1666万円(税込)
新型911カレラ4S/トランスミッション:8速PDK/ハンドル:右/メーカー希望小売価格:1772万円(税込)

ポルシェが新型「911カブリオレ」を発表!フルモデルチェンジした911のオープンカーに。


この記事についてSNSでシェア出来ます。

広告



Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。


Idea Web Toolsの運営に関するお知らせ。
・2019年3月:今月はジュネーブモーターショー関連の新型モデルやコンセプトカーの記事を多めに掲載しています。