ポルシェが新型「911カブリオレ」を発表!フルモデルチェンジした911のオープンカーに。

新型ポルシェ911カブリオレ
ポルシェがフルモデルチェンジした911のオープンカーバージョンとなる新型「911カブリオレ」を発表。
(画像:プレスイメージより)

「ポルシェ911カブリオレ」を発表。自動開閉式ソフトトップを採用。


昨年末に海外で、ほとんどカモフラージュもされずにテスト走行しているプロトタイプが目撃されたという話題をご紹介していた、新型「911(992型)」のオープンバージョンとなる、新型「911カブリオレ」が正式に発表されました。


新型「911(992型)」のクーペと同様のスタイルに仕上げられた新型「911カブリオレ」

新型ポルシェ911カブリオレ
911カブリオレでは、先に発表された911のクーペと各部のラインが同様に仕上げられているとのこと。
(画像:プレスイメージより)

ロサンゼルスモーターショーでのデビューに先駆けて発表された新型の「911カブリオレ」は、各部のラインが最新の911クーペモデルと同様に仕上げられており、先代モデルと比較してワイドで力強いエクステリアが特徴で、「カブリオレ」に搭載される完全自動開閉式のソフトトップには、ガラス製のリアウインドウが採用され、新しい油圧装置を採用したことにより、ルーフを開く際の所要時間は12秒程度へと短縮されたほか、電動式のウインドディフレクたーにより乗員を風から保護し、速度が50km/h以下の状態であれば、走行中でも開閉することが可能となっているとのこと。

新型ポルシェ911カブリオレ
クーペの新型911とカブリオレを比較した写真。(画像:プレスイメージより)

ポルシェの発表によると、新型の「911カブリオレ」は最初に後輪駆動の「911カレラSカブリオレ」と、4WDの「911カレラ4Sカブリオレ」から発売されるとのことで、どちらのモデルにも最高出力331kW(450PS)/6,500rpmと最大トルク530Nm/2,300-5,000rpmを発生する2,981ccの水平対向6気筒ターボエンジンが搭載され、「911カレラSカブリオレ」は、0-100km/h加速が3.9秒で、最高速度は306km/h、「911カレラ4Sカブリオレ」では、最高速度が304km/h、0-100km/h加速のタイムは3.8秒と公表されており、さらに、オプションのスポーツクロノパッケージ仕様車になると、0-100km/hの加速が「911カレラSカブリオレ」で3.7秒、「911カレラ4Sカブリオレ」で3.6秒に短縮されるようです。

ポルシェの新型911カブリオレの内外装オフィシャル画像。

新型ポルシェ911カブリオレ
新型ポルシェ911カブリオレ
新型ポルシェ911カブリオレ
新型ポルシェ911カブリオレ

ポルシェが公開した新型911カブリオレの公式プロモーション動画。


ポルシェが公開した新型911カブリオレのデザインを紹介する動画。


新型の「911カブリオレ」については、今回の発表と同時に、日本向けの導入についてもアナウンスされており、現時点では日本国内仕様の価格や販売時期に関してはまだ未発表ですが、今後、発表される予定とのことで、公式サイトにもすでに「911カレラSカブリオレ」と「911カレラ4Sカブリオレ」の名前と写真が掲載されているので、新型のクーペモデルと同じく、これから国内向けの詳細が明らかになっていくものと思われます。

・ 新型ポルシェ911(クーペ)についての詳細記事はこちらより。

ポルシェ、新型「911」を発表!新たなデザイン、パワフルなエンジン、デジタル面でも進化した第8世代モデルに。

ポルシェが新型「911カブリオレ」を発表!フルモデルチェンジした911のオープンカーに。 ポルシェが新型「911カブリオレ」を発表!フルモデルチェンジした911のオープンカーに。 Reviewed by hossy on 13 1月 Rating: 5
Powered by Blogger.