フェラーリ、新型「SF90ストラダーレ」を発表!V8エンジンとモーターを搭載、1000馬力のPHEVに。

フェラーリSF90ストラダーレ PHEV

フェラーリ、新型PHEV「SF90ストラダーレ」を発表。


フェラーリは、2019年5月29日、新型のPHEV(プラグイン・ハイブリッド・エレクトロリック・ビークル)のスーパーカー「SF90ストラダーレ(SF90 Stradale)」を発表しました。

「SF90ストラダーレ」は、フェラーリとしては初めてPHEVアーキテクチャーを採用したモデルとなっており、排気量3990ccのV8エンジンと、電気モーターを組み合わせたシステムにより、合計の最高出力は1000cv、0-100km/hの加速は2.5秒という、世界的にもトップクラスの性能を持つ最新モデルに仕上げられています。


V8エンジンと3基のモーターを搭載し最高出力は1000馬力に。

フェラーリSF90ストラダーレ PHEV
フェラーリが発表した初のPHEVモデル「SF90ストラダーレ」

フェラーリのハイブリッドモデルについては、以前より、その開発や登場が噂されていましたが、今回発表された「SF90ストラダーレ」が、PHEVプロダクションシリーズの最初のモデルであるとのことで、今後も、このモデルに続くPHEVモデルが投入されることが示唆されており、「SF90ストラダーレ」という車名は、創立90周年の同社と、フェラーリのレースカーとロードカーの強い絆を強調した意味が込められています。

フェラーリSF90ストラダーレ PHEV
V8ターボエンジンと3基の電動モーターを組み合わせたPHEVモデルです。

「SF90ストラダーレ」に搭載されているV8ターボエンジンは、フェラーリの8気筒史上最高となる最高出力780cvを誇り、3基のエレクトリックモーターによって供給される220cvを合計し、最高出力1000馬力。パフォーマンスでは、0-100km/hの加速がわずか2.5秒、0-200km/hの加速が6.7秒、最高速度は340km/hとアナウンスされており、PHEVとなってもフェラーリに相応しい驚異的なスーパーカーとなっています。

「eDrive」モードでエンジンを使わない走行も一応可能に。

ちなみに、搭載されるモーターについては、エンジンを使用せず、フロントアクスルのみで25kmの走行が可能な「eDrive」モードが用意されており、このモードでは最高速度135km/hまで出せるようですが、実際に使用する場面としては、エンジンを動かさずに低速で短距離を移動する際などになるのではないでしょうか?

今までと違う!?先進的なデザインを採用した「SF90ストラダーレ」のデザイン。

フェラーリSF90ストラダーレ PHEV
フェラーリのミッドリアエンジンモデルのスタイルは継承されていますが、新たなシリーズのスタートモデルということもあり、今までとは異なったスタイルに仕上げられています。

「SF90ストラダーレ」のデザインは、性能と技術の観点で「最も先進的な車」という発想からインスパイアされた、フェラーリ初のプロダクション・スーパーカーとしての使命を表す、先進かつ革新的なスタイルに仕上げられているとのことで、デザインは「フェラーリスタイリングセンター」が担当。フロント、センター、リアのボリューム割合を見直し、過去20年にわたってフェラーリが維持してきた「ミッドリアエンジン」モデルのフォルムを進化させたデザインとなっています。

フェラーリSF90ストラダーレ PHEV
フェラーリ初のマトリックスLEDヘッドランプによるアクティブビームコントロールも。

フェラーリSF90ストラダーレ PHEV

具体的には、エクステリアでは、よりコンパクトなオーバーハングと、キャビンの前方へのシフトにより生まれたキャブフォワード構成が、ミッドマウントエンジンであることを強調。特徴的なC字型の細いスリットデザインのヘッドライトも採用されており、フェラーリとしては初めてとなる「マトリックスLEDヘッドランプ」によるアクティブビームコントロールが、あらゆる運転状況下での視界を向上するとのこと。

フェラーリSF90ストラダーレ PHEV
エグゾーストパイプの位置はかなり高い配置となっていますね。

エグゾーストラインのレイアウトの最適化により、エグゾーストパイプの位置が今までのモデルよりも高い配置となり、パワートレインは従来に比べ大幅に搭載位置が低くなったことにより、車のテールも低くすることが可能となったとのことで、リアのテールライトのデザインも、伝統的な丸型ではなく、丸みをおびた四角い形状となっているのがこのモデル独特で、このデザインは横に長い輪がテールライトに水平イメージをもたらし、車両のテールの高さを視覚的に低く見せる効果があるようです。

フェラーリSF90ストラダーレ PHEV
3月に発表された「F8トリブート」はこのようなデザインでした。

最新のフェラーリのV8エンジンモデルとしては、3月に発表された「F8トリブート」がありますが、こちらと比較すると、これまでのフェラーリのデザインを受け継ぎながらも、デザイン面でも先進的な方向性が表現されているのが分かりますね。

16インチHDディスプレイやHUDも採用した未来的なインテイリアデザイン。

フェラーリSF90ストラダーレ PHEV
各装備がドライバーを中心に構成されたハイテク化されたインテリアです。

また、エクステリアと同じくインテリアも先進的なデザインに仕上げられており、フェラーリとして初めて、中央のインストルメント・クラスターに、ドライバーに向かって湾曲した16インチデジタルHDディスプレイを採用しているほか、ヘッドアップディスプレイの搭載など、様々な最新装備が充実したモデルとなっているようです。

フェラーリSF90ストラダーレ PHEV
フェラーリSF90ストラダーレ PHEV

今回の「SF90ストラダーレ」に採用されたインテリアのコンセプトは、「全く新しいデザインの方向性を導くコックピット」を創り上げることで、この思想は、今後のフェラーリの全てのラインアップに引き継がれていくとのことです。


フェラーリ初の標準モデルとスポーツ仕様モデルが選択可能なモデルに。

フェラーリSF90ストラダーレ Assetto Fiorano PHEV
「ASSETTO FIORANO」と呼ばれるスポーツ志向仕様車が、標準モデルと同じく登場。

「SF90ストラダーレ」には、フェラーリとして初めて、標準仕様の車と、スポーツ志向の仕様の車がそれぞれ用意されており、高性能なスポーツ仕様の「Assetto Fiorano」仕様では、GTレーシング由来のアップグレード要素として、マルチマチック・ショック・アブゾーバーや、カーボンファイバー製のドアパネル、アンダーボディ、チタン製のスプリングとエグゾーストラインなど、高性能素材を採用した超軽量なコンポーネントが含まれており、これにより、標準モデルと比較して30kg軽量化されているとのこと。

また、それだけではなく、「Assetto Fiorano」仕様では、速度250km/hで390kgのダウンフォースを発生する「高ダウンフォース・カーボンファイバー製リアスポイラー」や、専用に開発された「Michelin Pilot Sport Cup2タイヤ」が装備されるとのことで、これまでにも通常モデルの発表後に高性能仕様が投入されることはありましたが、方向性の異なった仕様が同時に選択可能となるのは、フェラーリではこれまでにない試みですね。


初めてだらけの「SF90ストラダーレ」ですが、これだけではなく、今回からモデル名が付き、パーソナライズされた完全キーレス技術によるイグニッション・キーもデビューするとのことで、このモデルを皮切りに、今後登場するフェラーリのラインアップも、デザイン、性能、装備、ユーザビリティなど、様々な部分が進化していくものと思われます。
フェラーリ、新型「SF90ストラダーレ」を発表!V8エンジンとモーターを搭載、1000馬力のPHEVに。 フェラーリ、新型「SF90ストラダーレ」を発表!V8エンジンとモーターを搭載、1000馬力のPHEVに。 Reviewed by hossy on 30 5月 Rating: 5
Powered by Blogger.