マカオのホテルが特注した「30台の赤いロールス・ロイス」の大半が売却される。

ロールス・ロイス マカオ 13ホテル 売却

マカオのホテルが特注した30台のロールス・ロイスの大半を売却。


2014年にマカオのホテル「The 13」が、30台もの真っ赤な特別仕様の「ロールス・ロイス」をオーダーしたという話題をご紹介していましたが、なんと、これらの車両の大半となる24台が売却されてしまったようです。


ゴールドを使った内装も。ロールス・ロイスに特注したホテル専用のファントム。

ロールス・ロイス マカオ 13ホテル 売却
こちらの写真は2016年当時にロールス・ロイスから納車された際のもの。
(画像:ロールス・ロイスのプレスリリースより)

1台が5000万円以上するロールス・ロイス・ファントムを、一度に30台もオーダーしてしまったというニュースは、発表された当時も話題となっていたので、憶えている方もいるかもしれませんが、2016年に開業を予定していたマカオのデザイナーズホテル「The 13(オープン以前はLouis XIII Hotelと呼ばれていました)」に合わせ、ホテルのデザインをモチーフにした内外装に仕上げられた真っ赤な車両が並んでいる様子や、30台分のキーが収められた特製のキーBOXなども印象的でした。

ロールス・ロイス マカオ 13ホテル 売却
30台のロールス・ロイス・ファントムのキーが全て収納可能なBOXも作られていましたが、それぞれの車両が個別に売却された後はどうなってしまうのかも気になります。

素材にゴールドなど使用し、日本円にして20億円以上もの費用が注ぎ込まれた贅沢過ぎる「ロールス・ロイス艦隊」ですが、30台あった車両のうち、24台が売却されてしまったようで、正式な売却理由は明かされていないものの、一部メディアでは資金調達が目的と報道されています。

現在、海外のオンラインラグジュアリーマーケットプレイスであるJamesEditionに、手放された一部の車両が出品されており、1台の価格は日本円にして約4300万円とのことで、同サイトの公開している記事によると、ロールス・ロイスのビスポークモデルは売りに出されないことが多いので、コレクターなどの買い手にとっても非常に珍しい機会であると紹介されています。


ちなみにですが、出品されている特注のロールス・ロイス・ファントムの車両は、中古車扱いであるものの走行距離が0kmと表記されており、理由は分かりませんが、納車された30台の中でも、実際に送迎などで使用していた車両は一部に限られていたということなのでしょうか?
マカオのホテルが特注した「30台の赤いロールス・ロイス」の大半が売却される。 マカオのホテルが特注した「30台の赤いロールス・ロイス」の大半が売却される。 Reviewed by hossy on 02 7月 Rating: 5
Powered by Blogger.