世界最速記録の樹立を記念したブガッティ・シロンを限定モデルとして市販化!

シロン・スーパースポーツ300+

世界記録達成を記念した特別モデル「シロン・スーパースポーツ300+」


先日、ブガッティが「シロン」をベースにしたプロトタイプを使い、世界最速記録となる最高速度490.48km/hを樹立したことが発表され話題となっていましたが、なんと、この記録を記念した車両に基づいた特別モデルとなる「シロン・スーパースポーツ300+」が、2021年半ばに30台限定、350万ユーロ(日本円にして約4億2200万円)で発売されとのことです。

「シロン・スーパースポーツ300+」は計測で使用された車両をベースにした高性能モデルに。

シロン・スーパースポーツ300+
2021年にも30台限定で販売が予定されている「シロン・スーパースポーツ300+」
(画像:プレスイメージより)

ブガッティの発表によると、「シロン・スーパースポーツ300+(Super Sport 300+)」は、時速304.773マイル(490.484km/h)の速度を達成した初のモデルとして話題となった「シロン」ベースのプロトタイプをベースに、420km/hを超える高速走行が可能となるように設計されているとのことで、空力的に最適化されているほか、エグゾーストパイプの変更、さらに通常の「シロン」と比較して100HP以上という最高出力1600HPのエンジンが搭載されているなど、一般的な自動車では考えられないような超高速度域で安全に走るために細部まで仕上げられています。

シロン・スーパースポーツ300+
こちらが計測に使用されたブガッティ・シロンのプロトタイプ。
シロン・スーパースポーツ300+
通常のシロンとは異なるデザインや性能が採用されているのが特徴です。


性能だけでなく価格もスゴい!30台限定で日本円で4億2200万円!

シロン・スーパースポーツ300+
価格もベースモデルの「シロン」より1億円くらい高額な約4億2200万円に。

ブガッティ自体が今後の「速度競争からの撤退」を表明するほどのぶっ飛んだスーパーカーとなった「シロン・スーパースポーツ300+」ですが、価格も350万ユーロ、日本円にして約4億2200万円と、同じく普通の車と比べて桁違いとなっており、その上で世界で30台限定なので、限られた超富裕層向けな車だと思いますが、どちらかといえばコレクターズアイテムのような感じもするので、恐らく実際に納車された車両の中で実際のパフォーマンスを発揮させてもらえるモデルはほとんど存在しないのではないかと考えられます。

関連記事
「ブガッティ・シロン」が最高速度490.48km/hを計測し世界記録を樹立!
世界最速記録の樹立を記念したブガッティ・シロンを限定モデルとして市販化! 世界最速記録の樹立を記念したブガッティ・シロンを限定モデルとして市販化! Reviewed by hossy on 15 9月 Rating: 5
Powered by Blogger.