スポンサーリンク
2015年2月25日水曜日

「アストンマーチン・ヴァルカン」を正式発表。限定24台のサーキット専用モデルに

アストンマーチン・ヴァルカン
アストンマーチンがサーキット専用モデル「ヴァルカン」を発表。(画像:プレスイメージより)

サーキット専用モデル「アストンマーチン・ヴァルカン」


アストンマーチンは、3月に開催されるジュネーブモーターショーでの初公開に先駆け、新型のサーキット専用モデル「アストンマーチン・ヴァルカン」を発表しました。

「アストンマーチン・ヴァルカン」は、24台のみが限定生産されるというサーキット走行専用のスーパーカーとなっており、同社のモータースポーツの経験から生まれたアグレッシブなデザインと高い性能を持ったモデルとなっています。


「アストンマーチン・ヴァルカン」は24台限定のスリリングなスーパーカー。

アストンマーチン・ヴァルカン
24台限定で生産されるV12エンジン搭載のスーパーカーに。(画像:プレスイメージより)

今回発表された「アストンマーチン・ヴァルカン」は、世界トップクラスのモータースポーツ工学の技術を活かした最新スーパーカーで、フロントミッドシップのレイアウトで7.0リッターV12ガソリンエンジンを搭載し、最高出力は800HP以上と公表されているほか、ボディに「マルチマチック社」によって構築されたカーボンファイバーモノコックを採用することなど、多くの部分にカーボンファイバーを使用したことにより軽量化が行われているとのこと。

アストンマーチン・ヴァルカン
ボディなどはカーボンファイバー製に。(画像:プレスイメージより)

FIAのレースの安全用件などに基づいて製作されたという「アストンマーチン・ヴァルカン」は、最初にご紹介した通り、24台のみが限定生産されるという希少な超高性能モデルとなっており、オーナーはトラックトレーニングプログラムへの参加の機会が提供され、アストンマーチンレーシングの経験豊富なレーサーからの指示を受けることも出来るようです。

アストンマーチン・ヴァルカン
まるでコンセプトカーのようなデザインです。(画像:プレスイメージより)
アストンマーチン・ヴァルカン
サーキット専用ということでFIAの基準を元に製作されています。(画像:プレスイメージより)
アストンマーチン・ヴァルカン
インテリアなどは所有者のオーダーで変更することも。(画像:プレスイメージより)
アストンマーチン・ヴァルカン
実際、どのような人が購入するのかも気になりますね。(画像:プレスイメージより)
アストンマーチン・ヴァルカン
フェラーリFXX Kなどもですが、このレベルのクルマは単にお金があるだけでは所有出来ません。
(画像:プレスイメージより)

公式発表にてアストンマーチンCEOのアンディパーマー氏は、ヴァルカンについて「スリリングなスーパーカー、真のスポーツカー愛好家のためのモデル」であるという趣旨のコメントをしており、このモデルのカラーやオプション類については同社のパーソナライゼーションプログラム「Q」にてオーダーすることも出来るようですが、こんなスゴい車(しかも公道を走れない)を所有出来るVIP顧客となると、一体どのような人たちなのかも気になりますね。

【関連記事】
GT6に「アストンマーチンDP-100 ビジョングランツーリスモ」が登場
アストンマーチンが100台限定の特別モデル「ヴァンテージGT3」を発表
世界で77台限定の「アストンマーチンOne-77」が5台もサーキットを疾走!
「ラ フェラーリ」のサーキット仕様モデル「フェラーリFXX K」を発表!
マクラーレン、サーキット専用車「P1 GTR」をジュネーブショーで初公開へ

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。