スポンサーリンク
2016年5月28日土曜日

日産、2017年モデルの「GT-R NISMO」を発表!空力性能を強化した高性能モデルに。

日産GT-R NISMO 2017年モデル
日産GT-R NISMOの2017年モデルを初公開。(画像:プレスイメージより)

2017年モデルの「日産GT-R NISMO」を発表。


日産は、世界最長、最高の難易度を誇るサーキットのひとつとして知られるドイツのニュルブルクリンクで「NISSAN GT-R NISMO」2017年モデルを初公開しました。

今年3月に大幅改良された2017年モデルの「GT-R」をベースにした高性能バージョンとなる2017年モデルの「GT-R NISMO」は、標準モデルと同様にフロントエンドの新しいバンパーを採用、インテリア面での改良や、これまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を実現したボディ形状などが特徴となっています。


最新のGT-Rと同様に進化した2017年モデルの「GT-R NISMO」のエクステリア。

日産GT-R NISMO 2017年モデル
大幅改良された2017年モデルGT-Rと同様にエクステリア面も進化。(画像:プレスイメージより)

今回発表された2017年モデルの「GT-R NISMO」は、2017年モデルのGT-Rと同じく、エクステリア面ではフロントデザインの採用が特徴となっており、カーボンファイバーシートを幾層にも重ねて精巧に作り上げることで理想的な強度を実現したというNISMOモデル専用のカーボンファイバー製フロントバンパーの採用。

日産GT-R NISMO 2017年モデル
標準モデルと同様にフロントエンドの新しいバンパーが特徴。(画像:プレスイメージより)

カナード形状のデザインがもたらす空気の流れにより大きなダウンフォースを発生させると同時にホイールハウス周辺の空気を吸引することで空力性能をさらに向上させているとのことで、これらの改良によって「GT-R NISMO」のボディ形状はこれまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を実現しているとアナウンスされています。

大幅に改良された2017年モデルの「GT-R NISMO」のインテリア。

日産GT-R NISMO 2017年モデル
新デザインのダッシュボードの上層部、ステアリングホイールなどにアルカンターラを採用。
(画像:プレスイメージより)

また、2017年モデルの「GT-R NISMO」では、2017年モデルのGT-Rと同じく、インテリア面でも大幅な改良が加えられており、高品質なアルカンターラを多用しているほか、センターダッシュボードのレイアウトも刷新し、現行モデルでは27個あったナビゲーションやオーディオのスイッチを2017年モデルでは11個にまで削減し簡素化、8インチに拡大したタッチパネルモニターには、操作性に優れた大型のアイコンを採用するなどしているとのことです。

日産GT-R NISMO 2017年モデル
センターダッシュボードのレイアウトも刷新。(画像:プレスイメージより)
日産GT-R NISMO 2017年モデル
大型のアイコンを8インチに拡大したタッチパネルモニターに採用。(画像:プレスイメージより)
日産GT-R NISMO 2017年モデル
カーボンファイバー製のセンターコンソールに新しいコマンドコントロールを搭載。
(画像:プレスイメージより)

2017年モデルの「GT-R NISMO」基本性能は従来と同様、安定性や走行性能は向上。

日産GT-R NISMO 2017年モデル
3.8リッターV6ツインターボエンジンを搭載。(画像:プレスイメージより)

2017年モデルの「GT-R NISMO」は3.8リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、最高出力600PS、最大トルク652Nmと公表されており、これらは2013年に発表された従来の「GT-R NISMO」と変わりありませんが、2017年モデルのGT-Rのボディ剛性の向上により安定性や走行性能が向上しているほか、ショックアブソーバーにNISMOモデル向けの特別なチューニングを施すことで、エンジンのパワーをさらにしっかりと路面に伝えることが可能になっているとのことです。

日産GT-R NISMO 2017年モデル
最高出力、最大トルクなどは従来のGT-R NISMOと同様の数値が公表されています。
(画像:プレスイメージより)
日産GT-R NISMO 2017年モデル
これまでの日産車の中で最大のダウンフォースと超高速域での優れた安定性を実現したボディ形状などが特徴
(画像:プレスイメージより)
日産GT-R NISMO 2017年モデル
従来のGT-R NISMOは1501万5000円で日本導入されましたが、2017年モデルの価格は現時点では未発表。(画像:プレスイメージより)

現段階では2017年モデルの「GT-R NISMO」の日本国内向けの導入についての詳細は未公表ですが、現段階で標準モデルのGT-Rも国内向けの導入が示唆されているので、今後新たな発表があるものと思われます。

関連記事
日産GT-Rのマイナーモデルチェンジを発表!大幅なデザイン変更や性能の強化も。

スポンサーリンク


この記事についてSNSでシェア出来ます。
スポンサーリンク




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、世界の自動車に関連するテクノロジーやライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。