レクサス、初の高級ミニバン「LM」を発表!中国など一部アジア市場で発売へ。

レクサスLM ミニバン
ついにレクサスから高級ミニバン「LM」が登場。豪華な内装を備えたVIP向けモデルに。
(画像:プレスイメージより)

レクサスから高級ミニバン「LM」が登場!中国などのアジア市場向け。


レクサスは、中国で開幕した上海モーターショー2019にて、同ブランドとしては初となる新型の高級ミニバン「LM」を発表しました。

中国と、一部のアジア市場向けに導入されるという新型の「レクサスLM」は、ベースモデルが日本での「アルファード」「ヴェルファイア」となっており、前席2、仕切られた後席が2の4席レイアウトで、以前、豪華な仕様が話題となったアル・ヴェルの「ロイヤルラウンジ」のようなショーファードリブンのVIP向けモデルとなっているようです。


新型「LM」は「アルファード」「ヴェルファイア」のレクサスバージョン!?

レクサスLM ミニバン
エンブレムチューンじゃない!本家「レクサス」がリリースする新型「LM」

レクサスの発表によると、新型の「LM」は、中国市場の急速な発展に伴い求められる、輸送や移動手段として以上の機能や品質的な要望を満たすために特別に設計されたモデルとのこと。

第一印象としても「アル・ヴェルのレクサスバージョン」なイメージが強い「LM」は、全体のスタイル的には、日本でも馴染みのある「アルファード」「ヴェルファイア」のようなミニバンですが、フロントには巨大なレクサスのスピンドルグリルが採用され、ヘッドライトのデザインも「L」型に。後部もテールライトのデザインなどは異なっているようです。

レクサスLM ミニバン
横から見るとトヨタのミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」のようなスタイルです。
レクサスLM ミニバン
この角度だとちょっとカスタムしてエンブレムを変えたアル・ヴェルっぽいような。。。

前席と後席はガラススクリーンによって隔てられ、独立型のエグゼクティブシートや、スマートフォンやタブレットと接続可能でブルーレイも楽しめる26インチディスプレイを搭載し、19ものスピーカーによる特別設計のサウンドシステムのほか、騒音を低減する二層構造のガラスを採用することにより静粛性も高められ、VIP向けなショーファードリブンの高級車らしくシャンパンやワインを入れることが可能な14リットルの冷蔵庫も装備されているとのことです。

レクサスLM ミニバン 内装
内装的には高級仕様の「ロイヤルラウンジ」を彷彿とさせる豪華な空間となっているようです。
レクサスLM ミニバン 内装
大型のディスプレイやサウンドシステムのほか、冷蔵庫なども装備されているようです。

新型「レクサスLM」の日本での発売は?


発表内容的に、中国や一部のアジア向けということなので、日本で発売されるのかは微妙な雰囲気ですが、もし登場したとしても、1台が1500万円以上する日本での「アルファード/ヴェルファイア・ロイヤルラウンジ」に相当するか、「レクサス」の名前が付く以上それらを超えるのラグジュアリーモデルの可能性が高く、かなり高額なミニバンとなりそうですね。

関連記事
レクサスLS並みに高額な超豪華アルファード・ヴェルファイアが2週間で48台も受注!
アルファードをロールスロイス風にカスタムしたVeilSideの「DOMINATOR」
光岡自動車、ヴェルファイアの新型霊柩車「グランドリムジン」を発表。
レクサス、初の高級ミニバン「LM」を発表!中国など一部アジア市場で発売へ。 レクサス、初の高級ミニバン「LM」を発表!中国など一部アジア市場で発売へ。 Reviewed by hossy on 19 4月 Rating: 5
Powered by Blogger.