カーボン剥き出しの「ケーニグセグ・レゲーラKNC」をジュネーブモーターショーにて披露。

ケーニグセグ レゲーラKNC
ケーニグセグ「レゲーラKNC」の実車がジュネーブモーターショーにて公開(画像:プレスイメージより)

あの「ケーニグセグ・レゲーラKNC」の実車がジュネーブモーターショーに登場。


2019年のジュネーブモーターショーでは、先日の記事でもご紹介した通り、ケーニグセグが最新のメガカー「ジェスコ」を発表し、その桁違いな性能などが話題となりましたが、同じく、今回のケーニグセグのブースでは2018年12月に発表し、当サイトでもご紹介していた「レゲーラKNC」と呼ばれる奇抜で特殊な外観のモデルの実車が出展されました。


剥き出しのカーボンボディを磨き上げた厳つすぎる見た目の「レゲーラKNC」

ケーニグセグ レゲーラKNC
KNCは「Koenigsegg Naked Carbon」の略。(画像:プレスイメージより)

「レゲーラKNC」と呼ばれるこちらのモデルについては、昨年掲載したこちらの記事 「これは厳つい!カーボンファイバー剥き出しボディのケーニグセグ・レゲーラKNC」でも概要をご紹介していますが、外装が塗装ではなく、磨き上げた状態の純粋なカーボンファイバー剥き出しの状態にしてしまったという、かなり珍しいモデルとなっており、出展された車両の写真は、磨かれたカーボンの表面にライトが反射して、発表時に公表されていたプレス写真よりも迫力のある外装となっているように感じられます。

ケーニグセグ レゲーラKNC
エクステリアだけでなくインテリアもカーボンだらけです。
ケーニグセグ レゲーラKNC
以下で展示されたレゲーラKNCの動画もご覧いただけますが、もっとペタッとした感じかと思いきや、カーボンを磨き上げるとこんな感じになるんですね。



発表によると、こんな状態でも強度や気温などに対しても耐久性があるとのことですが、ここまで来ると走らせるのが怖い雰囲気もありますし、ガレージに置いて鑑賞する、車というよりも「作品」となってしまいそうですね。


これは厳つい!カーボンファイバー剥き出しボディの「ケーニグセグ・レゲーラKNC」


ケーニグセグ「Jesko(ジェスコ)」を発表!最高出力1600馬力、最高速度482km/h以上を目指す「メガカー」に。

カーボン剥き出しの「ケーニグセグ・レゲーラKNC」をジュネーブモーターショーにて披露。 カーボン剥き出しの「ケーニグセグ・レゲーラKNC」をジュネーブモーターショーにて披露。 Reviewed by hossy on 17 3月 Rating: 5
Powered by Blogger.