2018年4月8日日曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

アルファロメオ「ジュリア」に高性能なクーペが登場のウワサ。

アルファロメオ「ジュリア」に高性能なクーペが登場のウワサ。
アルファロメオ・ジュリアにクーペバージョンが追加される!?
(画像:4ドアのジュリアのプレスイメージより)

「アルファロメオ・ジュリア」にクーペが登場!?600馬力以上の高性能モデルも?


アルファロメオが2015年に発表し、2017年には日本でも発売されたスポーツサルーン「ジュリア」には、現時点では4ドアのモデルしかラインアップされていませんが、もしかすると今後、新たに「ジュリア・クーペ」という2ドアクーペスタイルのモデルが追加されるかもしれません。

今のところ海外メディア発のウワサですが、現行型のジュリアをベースにクーペスタイルのデザインに仕上げられ、上位モデルでは600馬力を超える高性能なエンジンを搭載すると伝えられており、もし登場すれば、「BMW M4」や「メルセデスAMG C63」あたりがライバルとなるのではないかと考えられます。



「ジュリア・クーペ」は2018年末にも発表との噂。エネルギー回収システム(ERS)を備えた高性能モデルに?

アルファロメオ「ジュリア」に高性能なクーペが登場のウワサ。
噂されているジュリアのクーペモデルでは上位グレードが600馬力以上とも。
写真は現行型ジュリア(画像:プレスイメージより)

英国の自動車メディア「AutoCar」が4月5日に伝えた内容によると、アルファロメオは現在、フォーミュラ1スタイルのエネルギー回収システム(ERS)を備えた新しい「ジュリア・クーペ」を開発中で、2018年の年末に発表され、2019年にも発売される予定となっているとのこと。

同メディアによるとこのモデルは、クーペになっても後部座席へのアクセスを容易にするために、ドアの長さや後部のルーフラインが変更されるなどしており、現在の4ドア「ジュリア」とは若干異なるスタイルとなっている他、性能面では276HPの2.0リットルのターボガソリンエンジン搭載モデルと、2.9リットルV6ターボガソリンエンジン搭載モデルが用意され、後者のモデルでは、最高出力が641HPというスーパースポーツカーのような性能に仕上げられるらしく、エネルギー回生システム(ERS)は上位モデルの方に採用されるのではないかと思われます。

アルファロメオ「ジュリア」に高性能なクーペが登場のウワサ。
噂での登場時期は2018年末。本当に登場するのでしょうか?写真は現行型ジュリア(画像:プレスイメージより)

今回ご紹介している話題については、あくまでウワサ段階の話で、実際にアルファロメオからの公式アナウンスがあったわけではないので詳細は不明ですが、もしもウワサ通りの「ジュリア・クーペ」が登場することになれば、ライバルとして考えられる「メルセデスAMG C63クーペ」や「BMW M4」よりもさらに高性能なモデルに仕上げられる可能性もありそうですね。

関連記事
アルファロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」
アルファロメオ初のクロスオーバーSUV「ステルヴィオ」
記事についてSNSでシェア出来ます。


広告




Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。

2017年4月21日:トップページや各記事からそれぞれの自動車メーカーに関連した記事一覧を直接閲覧できるカテゴリのリンクを設定しました。