2019年4月15日月曜日
Idea Web Tools
Idea Web Tools (画像の高さ) (画像の幅)

ブガッティ・シロンをマンソリーがさらに攻撃的なデザインに仕上げた「CENTURIA」

ブガッティ・シロン マンソリー・CENTURIA(センチュリア)
マンソリーが「ブガッティ・シロン」をさらに攻撃的なデザインにカスタム!

ブガッティの「シロン」をマンソリーがカスタムした最新モデル「センチュリア」


世界で最も高額で高性能な車の一つとして知られるブガッティのスーパーカー「シロン」は、デザイン的にも、ブガッティらしいそのスタイルを維持しながら、一般的な自動車とは比較にならないような驚異的な性能を発揮出来るように設計されており、ある意味、市販モデルとしては完成された究極の状態なのではないでしょうか?

そんな究極なスーパーカー「ブガッティ・シロン」のノーマルの状態では満足出来ない!という、さらなる個性を求める大富豪なオーナーさんに向け、ドイツのチューニングメーカー「マンソリー」が「CENTURIA(センチュリア)」と呼ばれる攻撃的なカスタムデザインを発表しました。


カーボンファイバーを多用し、攻撃的なデザインに仕上げられたコンプリートモデル。

ブガッティ・シロン マンソリー・CENTURIA(センチュリア)
「シロン」ベースでは初のコンプリートモデルとなる「マンソリー・センチュリア」
(画像:マンソリー公式サイトより)

マンソリーは以前にも、ブガッティの先代モデルとなる「ヴェイロン」をベースにしたコンプリートカー「VINCERO」「VIVERE」「D'ORO」の3台を発表しており、これに続く最新モデルとして披露された「CENTURIA(センチュリア)」は、「ブガッティ・シロン」をベースにした初のカスタム仕様となります。

ブガッティ・シロン マンソリー・CENTURIA(センチュリア)
ブガッティ・シロン マンソリー・CENTURIA(センチュリア)
ブガッティ・シロン マンソリー・CENTURIA(センチュリア)

今回の「CENTURIA(センチュリア)」については、性能面の強化などは行われていないようで、デザイン面でのカスタムが中心となっており、カーボンファイバーのフロントエプロンや、再開発されたサイドスカート、リアディフューザー、リアウィングのデザインなども変更され、さらに、高性能タイヤ専用に設計されたという表面がカーボンファイバー仕上げになっている鍛造アロイホイールも装着されるなど、ベースモデルよりも視覚的に攻撃的な印象のデザインに仕上げられているのが特徴です。

ブガッティ・シロン マンソリー・CENTURIA(センチュリア)
「シロン」ベースでは初のコンプリートモデルとなる「マンソリー・センチュリア」

マンソリーが公開している「CENTURIA」の紹介映像。


通常の「シロン」は、8.0リットルW16クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力は1500馬力で、最高速度は420km/h以上という世界トップクラスの性能でありながらも、デザイン的には上品なイメージにも感じられるので、金銭的に糸目はつけず、あえて性能的に見合ったサーキットに似合いそうなスポーティなスタイルを求めているオーナーさんも一定数存在しているのかもしれませんね。

関連記事
「ブガッティ・シロン」特集記事!世界最高のスーパーカー「シロン」の最新情報。
「ブガッティ・シロン」の中古車が約4億円で販売中!新車よりも高額に。
大理石みたいな柄のブガッティ・ヴェイロン「マンソリー・ヴィヴェーレ」
この記事についてSNSでシェア出来ます。

広告



Idea Web Toolsのロゴ
Idea Web Toolsは2013年にオールジャンルのサイトとしてスタートし、現在はフェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェなどスーパーカー、メルセデスベンツ、BMW、アウディなどの国内外の高級車を中心に、ニューモデルの情報や世界の自動車に関連するテクノロジー、カーライフスタイルなどの話題をお届けするブログ形式のニュースサイトとして運営しています。


Idea Web Toolsの運営に関するお知らせ。
・2019年3月:今月はジュネーブモーターショー関連の新型モデルやコンセプトカーの記事を多めに掲載しています。