わざとアピール?「TAYCAN」の文字の入った状態の「ポルシェ・タイカン」の開発車両が目撃。

わざとアピール?「TAYCAN」の文字の入った状態の「ポルシェ・タイカン」の開発車両が目撃。

もうすぐ発表予定のポルシェの新型EV「タイカン」の目立ちまくりな開発車両。


これはもう、敢えて「見て下さい!」という事ですよね。

9月にも発表される見通しのポルシェの新型EVスポーツモデル「タイカン」については、当サイトでも、以前より開発車両の目撃情報などをお伝えして来ましたが、今回目撃された開発車両については、青いゼブラペイントの奇抜なカモフラージュのエクステリアにバッチリ「TAYCAN」の文字まで入った、開発というよりも新型車のプロモーションの一環のような外観となっています。


次世代EVスポーツ「タイカン」をわざとアピール?車体に「TAYCAN」の文字が入った状態の開発車両。

わざとアピール?「TAYCAN」の文字の入った状態の「ポルシェ・タイカン」の開発車両が目撃。
市販デザインの発表直前のプレビューのような感じなのでしょうか?

ポルシェが発売を予定している新型のEVスポーツ「タイカン」は、先に発表されているコンセプトカー「ミッションE」をベースにした電気自動車となっており、9月にも発表され、日本でも年内に発表、そして2020年に発売が予定されているという事なので、発売直前となる今の段階ではテスト車両自体を隠す必要がないという事なのか、カモフラージュされた車体に「TAYCAN」の文字まで入ったプロモーション車両のような外観で走行する姿が撮影されています。

わざとアピール?「TAYCAN」の文字の入った状態の「ポルシェ・タイカン」の開発車両が目撃。
わざとアピール?「TAYCAN」の文字の入った状態の「ポルシェ・タイカン」の開発車両が目撃。
わざとアピール?「TAYCAN」の文字の入った状態の「ポルシェ・タイカン」の開発車両が目撃。

このデザインがほぼ市販されるものと同じと考えられますが、デザイン的にも、完全な電気自動車という方向性的にも、ポルシェとしてはこれまでに無い新たなラインアップとなる「タイカン」、そして派生モデルとして同じく市販化予定の「タイカン・スポーツツーリスモ」の登場により、本格的な電気自動車のスポーツカーというジャンルがどのように発展していくのかにも注目ですね。
わざとアピール?「TAYCAN」の文字の入った状態の「ポルシェ・タイカン」の開発車両が目撃。 わざとアピール?「TAYCAN」の文字の入った状態の「ポルシェ・タイカン」の開発車両が目撃。 Reviewed by hossy on 26 6月 Rating: 5
Powered by Blogger.